コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイレナイオス Eirēnaios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エイレナイオス
Eirēnaios

[生]130頃
[没]200頃.リヨン
聖人,殉教者,反異端的教父。ラテン名イレナエウス Irenaeus。使徒ヨハネの弟子ポリュカルポスの教導で聖職につき,のちリヨンの司教となり,多くの改宗者を出す。その著書中『異端駁論』 Adversus haeresesは5巻から成り,グノーシス派と他の異端の詳しい説明を含み,万物の創造者は唯一の神であり,神は必然に従ってではなく自由に,しかも無から創りたもうたとして,その観念の多くをアナクサゴラスエンペドクレス,プラトンらに依拠するグノーシス派を論難し,初期キリスト教会の重要な証言となった。さらに彼は,すべての正しい教会は正しい信仰を使徒とその弟子から継承しているとし,福音書の真理性と聖餐におけるキリストの肉体と血の実在に対する信仰を述べ,ローマ教会の卓越性を主張した。アルメニア語に訳された他の著作では,旧約聖書中の預言によって福音の真理の証明を試みている。祝日6月 28日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エイレナイオス【Eirēnaios】

130ころ‐200ころ
いわゆる古カトリック教会の重要な教父。ラテン名はイレナエウスIrenaeus。おそらく小アジアのスミュルナ出身で,ヨハネの弟子とされるポリュカルポスに学んだ。マルクス・アウレリウス帝のときの小アジアでの迫害はローマ滞在中だったので免れ,以後リヨンの司教となって終生その地の教化に努めた。殉教者とされているがこの点はたしかではない。彼は使徒教父にならって聖書の伝統を重んじ,キリストにおける創造と救済の一致という聖書的神観・救済史観を明らかにしたほか,聖職者による使徒の継承とローマ首位権とを主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エイレナイオス【Eirēnaios】

130頃~200頃) 教父。リヨンの司教。小アジア生まれ。調和を重んじ、旧約と新約を救済史的歴史観によって連結し、アダムとキリストなどの対立に予型論的解釈法を導入、キリストの出来事を破壊された創造の再統合とみる。主著「異端反駁」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エイレナイオス
えいれないおす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエイレナイオスの言及

【神学】より

…彼の膨大な聖書注解は聖書解釈的神学のさきがけとして重要である。2世紀のエイレナイオスを含めてこれらの初期教父の神学は,グノーシス派(グノーシス主義)の覚知(グノーシス)の立場に対して信仰による認識の立場をギリシア的な思想を取り入れて普遍的に確立しようとする試みであった。それはその宇宙論的な規模での思惟の展開とともに,福音のギリシア化という大きな問題をはらんでいる。…

※「エイレナイオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エイレナイオスの関連キーワードヨハネによる福音書アンブロシウスヒッポリュトスパピアスの断片ヒッポリツス至福千年説復活祭論争聖子従属説エビオン派ケリントス逐語霊感説真理の福音パピアスシスマリヌスマタイ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android