コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカチェリナ[1世] エカチェリナ

2件 の用語解説(エカチェリナ[1世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エカチェリナ[1世]【エカチェリナ】

ロシア最初の女帝(在位1725年―1727年)。農夫の娘で,ピョートル1世の2度目の皇后となった。夫の死後即位したが,実権は新貴族のメンシコフらが握った。
→関連項目エカチェリンブルグソビエト連邦科学アカデミーロマノフ朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エカチェリナ[1世]【Ekaterina I Alekseevna】

1684‐1727
ロシアの女帝。在位1725‐27年。リトアニアの農家の出。北方戦争中ロシア軍に捕らわれ,ピョートル1世の寵臣メンシコフの邸で帝に知られて寵を得,彼女もよく尽くして1712年正式に結婚,24年皇后になった。翌年のピョートルの死後推されて帝位につき,先帝時代の緊張のあとをうけて税を引き下げ,行政を簡素化し,ロシア科学アカデミーを開設したが,女帝は文盲で,政治の実権はメンシコフや26年発足の枢密院が握った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エカチェリナ[1世]の関連キーワードリューリク小ロシア女帝エカチェリーナオロシャ統一ロシア労農ロシアプロシア王セットロシアの恋人ロシアの森林火災

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone