エカチェリナ[1世](読み)エカチェリナ

世界大百科事典 第2版の解説

エカチェリナ[1世]【Ekaterina I Alekseevna】

1684‐1727
ロシアの女帝。在位1725‐27年。リトアニアの農家の出。北方戦争中ロシア軍に捕らわれ,ピョートル1世の寵臣メンシコフの邸で帝に知られて寵を得,彼女もよく尽くして1712年正式に結婚,24年皇后になった。翌年のピョートルの死後推されて帝位につき,先帝時代の緊張のあとをうけて税を引き下げ,行政を簡素化し,ロシア科学アカデミーを開設したが,女帝は文盲で,政治の実権はメンシコフや26年発足の枢密院が握った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android