コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカチェリナ[1世] エカチェリナ

百科事典マイペディアの解説

エカチェリナ[1世]【エカチェリナ】

ロシア最初の女帝(在位1725年―1727年)。農夫の娘で,ピョートル1世の2度目の皇后となった。夫の死後即位したが,実権は新貴族のメンシコフらが握った。
→関連項目エカチェリンブルグソビエト連邦科学アカデミーロマノフ朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エカチェリナ[1世]【Ekaterina I Alekseevna】

1684‐1727
ロシアの女帝。在位1725‐27年。リトアニアの農家の出。北方戦争中ロシア軍に捕らわれ,ピョートル1世の寵臣メンシコフの邸で帝に知られて寵を得,彼女もよく尽くして1712年正式に結婚,24年皇后になった。翌年のピョートルの死後推されて帝位につき,先帝時代の緊張のあとをうけて税を引き下げ,行政を簡素化し,ロシア科学アカデミーを開設したが,女帝は文盲で,政治の実権はメンシコフや26年発足の枢密院が握った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エカチェリナ[1世]の関連キーワード嬉野次郎左衛門ピョートル谷木因新井白石エカチェリーナクライブスカルラッティ鈴木春信近松半二十寸見河東