コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスケープ・クローズ エスケープクローズ

2件 の用語解説(エスケープ・クローズの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エスケープ・クローズ

免責条項と訳。協定などで一定の権利・義務を課するとき,ある場合には特例としてその権利・義務を適用しないという条項。最も有名なものはGATT免責条項である。なお,保険用語でいう免責条項は,特定事由により保険金が支払われない際の規定を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エスケープ・クローズ
えすけーぷくろーず
escape clause

免責条項または逃避条項ともいう。国際条約などで、ある条文をそのままある特定の国に適用すると、その国に重大な支障が生じるため、協定全体が締結されなくなるおそれがあるような場合、その条文だけを適用免除して、協定を弾力的にし、受け入れやすくしようとする配慮から設けられる条項で、一種の例外規定である。よく知られている例としては、1995年ガット(関税および貿易に関する一般協定)を引き継いだ世界貿易機関WTO)のガット第19条およびWTOセーフガード協定などがある。もともとガット(世界貿易機関)の基本理念は、世界貿易の発展を図るため、原則として自由な国際貿易を確立し、それを加盟国に無差別に適用することである。しかし、自由化に伴う輸入の急激な増加によって国内市場が攪乱(かくらん)され、その国の産業が予期しない重大な損失を被るおそれがあるような場合には、一時的なセーフガード措置として、この条文で、輸入制限や関税引下げの撤回などの措置が認められている。[志田 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エスケープ・クローズの関連キーワード催告法律要件免責約款溶解度積法律効果免責条項オプション(Option)契約者変更ノックアウト条項ノックイン条項

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone