エチレングリコール(英語表記)ethylene glycol

翻訳|ethylene glycol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチレングリコール
ethylene glycol

単にグリコールともいう。化学式 HOCH2CH2OH 。エチレンからエチレンクロロヒドリンを経て加水分解によって合成される。グリセリンに似て無色粘稠な甘味のある液体。沸点 197℃。吸湿性。水,アルコールには自由に溶け,エーテルには溶けにくい。工業的にはエチレンオキシドから製造される。アルキド樹脂や合成繊維,特にポリエチレンテレフタラートなどの原料,自動車エンジン不凍液に用いられる。またニトロ化してニトログリコールとし,ニトログリセリンと混合しダイナマイトの製造原料とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エチレングリコール

化学式はHOCH2CH2OH。無色の液体。融点−12.6℃,沸点197.85℃。最も簡単な2価のアルコール(グリコール)。水,エタノールなどに易溶。合成繊維,接着剤,ダイナマイトなどの原料,不凍液などに用いられる。エチレンオキシドの水和によりつくられる。
→関連項目不凍液ポリエチレンテレフタレート

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エチレングリコール【ethylene glycol】

化学式HOCH2CH2OH。最も簡単な二価アルコール(グリコール)で,単にグリコールともいう。無色無臭の粘い甘みをもつ不揮発性の液体。融点-12.6℃,沸点197.85℃,比重0.9971(25℃)。水,アルコール,酢酸によく溶け,エーテルには溶けにくい。鉱酸やアルミナのような脱水剤触媒によってアセトアルデヒド,グリコールアセタール,ジオキサンクロトンアルデヒドなどが生じ,酸化するとグリコールアルデヒド,グリオキサール,グリコール酸,シュウ酸になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エチレングリコール【ethylene glycol】

二価アルコールのうち最も簡単なもの。化学式 HOCH2CH2OH 粘り気があり無色無臭、甘みのある液体。水によく溶ける。ポリエステル繊維・樹脂の製造原料。また、水と混ぜてエンジン不凍液などに用いる。グリコール。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のエチレングリコールの言及

【エチレン】より


[用途]
 1981年における日本のエチレン需要は約370万tであり,そのうちの約46%はポリエチレン製造用(高圧法ポリエチレン用が第1位で約28%を占め,さらに低・中圧法ポリエチレンが約18%)である。これに続いて塩化ビニル,アセトアルデヒド,エチレンオキシド,エチレングリコール,スチレンなどが重要な合成化学的用途である(95年のエチレン生産量は約700万t)。エチレンからの主要な誘導体は図1に示すとおりである。…

【グリコール】より

…2個の水酸基はそれぞれアルコールとしての性質をもち,隣合せの炭素に結合しているものを1,2‐グリコールといい,間にメチレン鎖-CH2-が増えていくにしたがって,1,3‐グリコール,1,4‐グリコール,1,5‐グリコールなどと呼ばれる。エチレングリコールHOCH2CH2OHのことを工業的にはグリコールと呼ぶことがある。重要なグリコールはほとんど粘度の高い無色の液体で甘味がある。…

【C₁化学】より

…シュウ酸ジエステルにはいろいろな合成化学的用途がある。水素還元すれば容易に,合成繊維原料として重要な中間体であるエチレングリコールを生成する。現在はエチレンの酸化反応によって生産されているが,エチレン価格の上昇と酸化反応の収率の向上があまり望めない,などの理由により,合成ガスからの製造法が待望されている。…

※「エチレングリコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android