コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッセン エッセン Essen

7件 の用語解説(エッセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エッセン
エッセン
Essen

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州にあるルール工業地帯の中心都市。ルールを東西に貫いて分布する黄土地帯に位置し,古来の東西主要交通路ヘルウェークに沿い,南部をルール川が貫流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エッセン(Essen)

ドイツ西部、ルール工業地帯の中心都市。製鉄・機械工業が発達。兵器生産で知られたクルップ社がある。人口、行政区60万(1999)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エッセン

ドイツ,ノルトライン・ウェストファーレン州の大工業都市ルール地方の中心。9世紀女子修道院領として設立。15世紀にはハンザ同盟加盟。19世紀以後クルップ会社の興隆により急激に発展。
→関連項目ルール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エッセン【Essen】

ドイツ西部,ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。ルール地域最大の都市で,人口61万8000(1995)。9世紀に設立された女子修道院領から始まり,13世紀に都市権を獲得,15世紀にはハンザ同盟にも加盟した。宗教改革の結果ルター派が優勢となり,以後修道院と市民層との対立が市史を貫いていた。15世紀以降毛織業,亜麻織業,銃器製造業が発展。1802年隣接のウェルデン大修道院領とともにプロイセンに併合された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エッセン【essen】

〔旧制高校などでの学生語〕
食べ物。また、食事をすること。

エッセン【Essen】

ドイツ西部、ルール工業地帯の都市。鉄鋼・化学工業が発達。クルップ製鉄所がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エッセン
えっせん
Essen

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州にあるルール工業地帯の中心都市。人口59万5200(2000)。東西に長いルール地方の中央部に位置し、ルール地方の政治、経済、文化の中心をなすとともに、鉄鋼、機械を主とするドイツ有数の工業都市でもある。1960年代までは炭鉱都市としても知られたが、炭鉱の斜陽化に伴って人口も67年の70万9000人から減少し、金融、保険、業務などの管理中枢機能、高次の小売商業機能、会議、音楽、演劇などの文化機能が強まっている。また、ルール地方市町村連合、エムシャー川組合、ルール川ダム協会など広域的な団体の本部もここにある。
 カロリング朝時代に東西の幹道ヘルベーク沿いに設けられた城塞(じょうさい)に始まり、852年女子修道院がつくられてこれを中心に発達、1000年ごろに商人町が成立したが、本格的に発展したのは19世紀前半の炭鉱開発以後である。すなわち、1811年F・クルップが鋳鋼工場をこの地に建ててクルップ商会を設立、鉄鋼、石炭を基盤に成長し、1840年代から兵器生産を始めて巨利を博し、ドイツ産業界に君臨した。そのため市はクルップ財閥の根拠地として、石炭、重工業の都市となり、著しい発展を遂げた。第二次世界大戦では甚大な被害を受けたが、りっぱに復興している。
 中心部をなす旧市街は市場教会(1058創設、1952再建)と市場広場を核に、往時の平面形を残したまま復興整備され、市場広場から放射するリンベッカー通りとケトウィガー通りが中心商店街をなす。旧市街に南接して駅があり、鉄道および国道1号(ルール高速道路)が東西に走る。南部は住宅地で、クルップの旧邸宅ビラ・ヒューゲル、市立公園、ルール地方博物館、公会堂などがある。クルップが労働者のために建設した田園都市マルガレーテンヘーエもいまに残る。北部は鉱工業地域で、ライン・ヘルネ運河沿いに河港がある。[小林 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エッセンの関連キーワードブリュールミュンスターウエストファリアノルトラインウェストファーレンプリンツィパルマルクトフロイデンベルクポッペルスドルフ城ミュンスター広場ノルトライン・ウェストファーレンライン・ウェストファーレン石炭シンジケート

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エッセンの関連情報