コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エツ Coilia nasus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エツ
Coilia nasus

ニシン目カタクチイワシ科。全長 40cm。体は著しく延長し,側扁する。尾部は細長い。口は大きく,上顎後方へ長く延長する。胸鰭上部軟条は遊離し,糸状に延長する。5~8月に河川をさかのぼり産卵する。日本固有種で,有明海とそれに注ぐ河川に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エツ

イリコの原料になるカタクチイワシの仲間で体長30センチを超える個体もいる。朝鮮半島や中国の沿岸にも生息しているが、国内では有明海と沿岸の河川の河口域に生息し、塩分濃度が低い汽水域で産卵する。環境省レッドデータブックでは「絶滅危惧(きぐ)2類」と記載されている。

(2010-04-16 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エツ
えつ
Japanese tapertail anchovy
[学]Coilia nasus

硬骨魚綱ニシン目カタクチイワシ科に属する海水魚。南日本、朝鮮半島、東シナ海に分布し、日本では九州の有明(ありあけ)海の湾奥部と、これに注ぐ河川の下流部に生息する。体は著しく側扁(そくへん)し、尾部は細長く、全長20~30センチメートルになる。外形はアシの葉に似ており、朝鮮半島では「葦魚」、中国では「刀魚」と書く。体の腹縁は鋭く、ここに稜鱗(りょうりん)を備え、このほかの部位の鱗(うろこ)は大形の円鱗で、剥(は)がれやすく、上あごの前骨は長くて鰓蓋(さいがい)の後方に達している。体の背側は暗青色、側面および腹面は銀白色である。成魚は6~7月ごろに主として九州の筑後(ちくご)川を遡上(そじょう)し、河口から約15キロメートル上流の城島(じょうじま)付近を中心に産卵が行われる。卵は直径1ミリメートルぐらいで、川底に沈下する。しかし、粘着力がないので潮の干満の影響を受け、川の流れとともに上げ下げを繰り返し、すこしずつ川を下りながら孵化(ふか)する。成魚の漁獲はこの地方の風物詩で、流し網や刺網でとる。これが季節の魚として賞味される筑後川名物のエツ料理で、てんぷら、塩焼き、煮つけ、刺身などにされ美味である。筑後川の産地には、弘法(こうぼう)大師が諸国行脚(あんぎゃ)の途中、川を渡れずに困っていたとき、親切な漁師に助けられ、そのお礼に、岸辺のアシをむしって川に投げたらエツに変身したという伝説が残っている。[浅見忠彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

〓 (エツ)
※〓は「魚」の右に「斉」。

学名:Coilia nasus
動物。カタクチイワシ科の遡河魚

〓魚 (エツ)
※〓は「魚」の右に「斉」。

学名:Coilia nasus
動物。カタクチイワシ科の遡河魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

エツの関連キーワードスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第9番「黒ミサ」/piano soloわがまま☆フェアリー ミルモでポン! ちゃあみんぐわがまま☆フェアリー ミルモでポン! わんだほうわがまま☆フェアリー ミルモでポン! ごおるでん映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!マルティン(スロバキア)maruetsu365ソビエツカヤガバニ謁・悦・謁・越・閲カリーニングラードザーサイ(搾菜)ポロロッカ食品館虹の中のレモンオルトレス山地診療放射線技師函青 くに子信越化学工業チャワンタケCKサンエツマルエツプチ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エツの関連情報