コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エトアール凱旋門 エトアールがいせんもんArc de Triomphe de l'Étoile

4件 の用語解説(エトアール凱旋門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エトアール凱旋門
エトアールがいせんもん
Arc de Triomphe de l'Étoile

パリのエトアール広場 (シャルルド・ゴール広場) に建つ巨大な記念門。1806年ナポレオン1世フランス軍の戦勝を記念して,古代ローマの凱旋門にならって建造させた。ジャンフランソア=テレーズ・シャルグランの設計で,1836年に完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エトアール凱旋門【エトアールがいせんもん】

パリのエトアール広場に建つ凱旋門。Arc de triomphe de l'Etoile。ナポレオン1世が仏軍の戦勝を記念してシャルグラン〔1739-1811〕の案により1836年に完成したもの。
→関連項目アンピール様式

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エトアールがいせんもん【エトアール凱旋門 Arc de triomphe de l’Étoile】

パリ市内西部のエトアール広場(シャルル・ド・ゴール広場)中央に建つ石造のモニュメントアウステルリッツでの戦勝後,ナポレオンによって,当時パリ市の境界をかたちづくるエトアールの丘に構想される。旧徴税門を取り壊し,1806年にシャルグランJean‐François Chalgrin(1739‐1811)が設計開始。その後ナポレオン失脚により計画は大きく変わり,建築家も交代し,七月王政期の36年にようやく完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エトアール凱旋門
えとあーるがいせんもん
Arc de triomphe de l'toile

パリのエトアール広場(現在の名称はシャルル・ドゴール広場)の中央に建つナポレオン1世時代の戦勝記念碑。1806年皇帝の命令のもとにシャルグランの設計で計画され、グーストおよびペルシエの改案を経て36年に完成された。高さ50メートル、幅45メートル、奥行22メートルの規模をもつこの巨大な記念碑は、壁面にリュード手になるラ・マルセイエーズ」(進軍)、プラディエ、コルト、エテックスらの浮彫り装飾をもち、当時の新古典主義様式を代表する作品となっている。大アーチの真下には1920年以来、永遠の灯とともに、無名戦士の墓碑が安置されている。[名取四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエトアール凱旋門の言及

【凱旋門】より

…ローマの《セプティミウス・セウェルスの凱旋門》は三連アーチの最も完成した形式を示し,4世紀の《コンスタンティヌスの凱旋門》(ローマ)はそれに倣っている。フランス革命後ナポレオンがパリに建立した《エトアール凱旋門》は古代ローマのそれを手本としたものである。【青柳 正規】。…

【リュード】より

…1812年ローマ賞を得るがイタリアには留学せず,ブリュッセルに工房をもち彫刻を教える。31年ふたたびパリに戻り,政治家ティエールの庇護を得て,未完成であったエトアール凱旋門の装飾浮彫の一つを委嘱され〈ラ・マルセイエーズ〉(1835‐36)を完成。その他《ネイ元帥像》(1853,パリ,オプセルバトアール通り)などを制作した。…

※「エトアール凱旋門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone