コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード7世 エドワードななせいEdward VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドワード7世
エドワードななせい
Edward VII

[生]1841.11.9. ロンドン
[没]1910.5.6. ロンドン
イギリス王 (在位 1901~10) 。ビクトリア女王の長男。 1863年デンマーク王女アレクサンドラと結婚。ビクトリア女王が夫君アルバートの死 (1861) 後,公式の行事や社交界から身をひいたため,皇太子夫妻がその任を引受けたが,実権は女王が長く保持した。 60歳で即位。ハノーバー朝の家名をサックス=コーバーグ=ゴーサ家と改称した。しばしばヨーロッパ諸国を訪問して国際協調に努め,英仏協商 (1904) ,英露協商 (07) による三国協商の成立にも貢献した。 1909年にはベルリンにドイツ皇帝ウィルヘルム2世を訪れ,イギリス,ドイツ間の緊張緩和に努めた。フランスの保養地ビアリッツから帰国してまもなく気管支炎のため死去。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

エドワード7世
Edward Ⅶ


1841 - 1910
英国国籍。
元・英国国王。
オックスフォード大学,ケンブリッジ大学に学ぶ。
サックス・コーバーグ・ゴータ朝の国王でビクトリア女王の長男である。1901年母女王の死により59歳で即位する。外交問題に関心が深くヨーロッパ各地を歴訪し、「ヨーロッパの伯父上」とよばれ、又英仏、英露協商の成立に尽力し、英国の国際的地位の向上に努める。アレクサンドラ王妃との間に3男3女がおり、次男ジョージ5世が王位を継承する。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

エドワード7世

生年月日:1841年11月9日
イギリス国王(在位1901〜10)
1910年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

エドワード7世の関連キーワードクーチ・アーサー・トーマス クィラベンジャミン・ヘンリー シアズホテル・ロイヤル・エヴィアンラースロー・デ・ロンボシュロバート・F. スコットフレデリック トリーヴズロイヤル・ハウスホールドキング・エドワード7世クランバー・スパニエルエドゥアルド七世公園フランク カーモードプリンセス・コートジョージ(5世)グリュクスボー朝H.C. ブーズプリンセスドレスニュージーランドオーラブ[5世]ロイヤルドルトンジョージ[5世]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エドワード7世の関連情報