コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビネ(蝦根) エビネCalanthe discolor; calanthe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エビネ(蝦根)
エビネ
Calanthe discolor; calanthe

ラン科の多年草で各地の山林中などにごく普通に生じる。地下に数珠を引伸ばしたような,節の多い地下茎があり,多数のひげ根がある。葉は粗大で,長さ 20~30cmで2~3枚が互いに抱合うような形で大きな株をつくる。花は春に株の中心から高さ 30cmほどの花序を出し,十数個の花を総状につける。6枚の内・外花被片はほぼ平開し,唇弁だけは3つに裂けたうえ,さらに裂片にくぼみが入るなど複雑な形をしている。花色は外花被片が紫褐色で内花被片は淡紅色,濃色の斑点をもつものもあり変異が多い。観賞用に栽培され,品種も多く知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エビネ(蝦根)の関連キーワードキエビネ(黄蝦根)ラン科