コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピカルモス エピカルモスEpicharmos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピカルモス
Epicharmos

[生]前550/前530
[没]前460/前440
ギリシアの喜劇作家。生地はシチリアのシラクサ,または同島のメガラ・ヒュブライア,またはコス島。ドーリス系のシラクサ喜劇の創始者および代表的作家としてシチリアで活躍。作品は 50以上あったらしいが,35編の題名とわずかな断片だけが伝わる。そのうち 18編は神話伝説のもじりで,フリュアケス笑劇と同じように英雄や神々が滑稽化される。脱走兵オデュッセウス,魚屋ポセイドン,大食漢ヘラクレスなどである。またアッチカ古喜劇に現れるアゴン (討論) の形式に似た論争劇もある。さらに中喜劇を思わせるような日常生活を扱ったものもあり,新喜劇に登場するような幇間 (ほうかん) や大酒飲みなどの決り役もあった。彼の喜劇は合唱隊を用いず,宗教的役割もなく,アッチカ喜劇に比べれば道化芝居に近かったが,文学性は高く,アテネでも読まれ,アッチカ喜劇に与えた影響は大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エピカルモス

シチリア出身のギリシア最古の喜劇作者。生没年不詳。現存するのは断片のみ。大部分神話・伝説を戯画化,または市井些事(さじ)を題材とした滑稽な芝居であったらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エピカルモス【Epicharmos】

前5世紀初期のシチリアの喜劇詩人。生没年不詳。シラクサ生れと伝えられるが詳細は不明である。アッティカの喜劇詩人キオニデス,マグネスよりもはるかに先輩であり,悲劇詩人アイスキュロスに対しても影響を及ぼしたとの伝もある。作品はわずかな引用文と数片のパピルス文書だけしか伝わっていない。ドリス方言によって,神話・伝説をちゃかした滑稽な芝居を著したらしく,大どろぼうのプロメテウス,大食漢で女色に弱いヘラクレス,うそつきで油断のならないオデュッセウスなどが主役となる悪漢喜劇であったことがうかがわれるが,後年シチリアで流行をきたした同様の喜劇の祖となったとも考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エピカルモス
えぴかるもす
Epicharmos

生没年不詳。紀元前6世紀後半から前5世紀前半にかけて活躍したシチリアの喜劇詩人。生まれはシラクサ、またはコス島ともいわれる。ドーリス方言を用いて神話伝説のもじりや、後のギリシア古喜劇にみえる討論形式のやりとり、また日常茶飯事を素材とする滑稽譚(こっけいたん)を書き、ギリシア喜劇の先駆となった。わずかな断片と、『キクロペス』『略奪』『陸と海』など37編の表題が知られるのみであるが、そこでは大食漢のヘラクレス、狡猾(こうかつ)なオデュッセウス、また市井の庶民の飲んだくれや居候などが登場し活躍したらしい。その用語もギリシア古喜劇に劣らずカラフルで洗練されており、韻律も多彩である。ただ古喜劇と異なり、コロス(合唱隊)をもたず、内容もより自由であった。一方また彼は、古来、かなりの数の哲学および自然科学の著作の作者に擬せられ、ピタゴラス派の哲学者とも目されたが、これは誤伝であろう。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エピカルモスの関連キーワードギリシア演劇ギリシア文学アポロドロスミモス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android