コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピカルモス エピカルモス Epicharmos

4件 の用語解説(エピカルモスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピカルモス
エピカルモス
Epicharmos

[生]前550/前530
[没]前460/前440
ギリシアの喜劇作家。生地はシチリアシラクサ,または同島のメガラ・ヒュブライア,またはコス島。ドーリス系のシラクサ喜劇の創始者および代表的作家としてシチリアで活躍。作品は 50以上あったらしいが,35編の題名とわずかな断片だけが伝わる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エピカルモス

シチリア出身のギリシア最古の喜劇作者。生没年不詳。現存するのは断片のみ。大部分は神話・伝説を戯画化,または市井の些事(さじ)を題材とした滑稽な芝居であったらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エピカルモス【Epicharmos】

前5世紀初期のシチリアの喜劇詩人。生没年不詳。シラクサ生れと伝えられるが詳細は不明である。アッティカの喜劇詩人キオニデス,マグネスよりもはるかに先輩であり,悲劇詩人アイスキュロスに対しても影響を及ぼしたとの伝もある。作品はわずかな引用文と数片のパピルス文書だけしか伝わっていない。ドリス方言によって,神話・伝説をちゃかした滑稽な芝居を著したらしく,大どろぼうのプロメテウス大食漢で女色に弱いヘラクレス,うそつきで油断のならないオデュッセウスなどが主役となる悪漢喜劇であったことがうかがわれるが,後年シチリアで流行をきたした同様の喜劇の祖となったとも考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エピカルモス
えぴかるもす
Epicharmos

生没年不詳。紀元前6世紀後半から前5世紀前半にかけて活躍したシチリアの喜劇詩人。生まれはシラクサ、またはコス島ともいわれる。ドーリス方言を用いて神話伝説のもじりや、後のギリシア古喜劇にみえる討論形式のやりとり、また日常茶飯事を素材とする滑稽譚(こっけいたん)を書き、ギリシア喜劇の先駆となった。わずかな断片と、『キクロペス』『略奪』『陸と海』など37編の表題が知られるのみであるが、そこでは大食漢のヘラクレス、狡猾(こうかつ)なオデュッセウス、また市井の庶民の飲んだくれや居候などが登場し活躍したらしい。その用語もギリシア古喜劇に劣らずカラフルで洗練されており、韻律も多彩である。ただ古喜劇と異なり、コロス(合唱隊)をもたず、内容もより自由であった。一方また彼は、古来、かなりの数の哲学および自然科学の著作の作者に擬せられ、ピタゴラス派の哲学者とも目されたが、これは誤伝であろう。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エピカルモスの関連キーワードアリオンシチリア王国シチリア島シチリア派タオルミナティマイオステオグニスナポリ王国両シチリア王国ジェーラ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone