エマージングマーケット(読み)えまーじんぐまーけっと

ASCII.jpデジタル用語辞典「エマージングマーケット」の解説

エマージングマーケット

成長段階の初・中期に位置する国や地域の市場の総称、新興成長市場ともいう。中南米、東南アジア、中国、インド、東欧、ロシアなどがエマージングマーケットとされる。発展途上のため高い成長が期待できる半面、政権交代や急激なインフレ、通貨暴落などのリスクもある。国によって成長率にばらつきもあり、依然、多くの国が貧困問題を抱えている。名づけ親は国際金融公社(IFC)。1980年代初めに世界の発展途上地域の企業や市場の動きに関連付けてこの用語を作った。最近は対象国を組み合わせた投資信託が好人気となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「エマージングマーケット」の解説

エマージング‐マーケット(emerging market)

投資や貿易によって急激な経済成長を続ける新興の市場。中南米・東アジア・BRICSブリックスといった地域的な市場をさすときと、バイオ産業情報産業など分野的な市場をさすとき、また、両方をさす場合がある。新興成長市場。新興国市場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android