コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エミュー Dromaius novaehollandiae; emu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エミュー
Dromaius novaehollandiae; emu

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。羽毛に覆われて見えないが,約 20cmに退化し,先に小さな爪がある。飛翔力がないかわりに,頑丈な脚をもち,地上生活に適応,進化している。頭部と上頸は皮膚が淡青色で,羽弁のない羽軸と先が黒色の羽毛にまばらに覆われている。,脚も黒い。頸下部から胴はやはり羽弁のない淡褐色の長い羽毛に覆われる。オーストラリア全域に分布し,都市や乾燥した砂漠以外ではどこにでもすむ。雨季と乾季で生息地を変えることもあり,西部では夏は北へ,冬は南へ移動する。移動時に,ときには大きな群れになり,走る速度が時速 50kmに達する。雑食性で,おもに昆虫類,果実,草,種子などを食べる。雄は約 2ヵ月にわたって飲まず食わずで抱卵を続け,孵化したの世話もする。(→走鳥類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エミュー(emu)

ダチョウ目エミュー科の鳥。全長約2メートル、頭高1.57メートルくらい。現生鳥類ではダチョウに次ぐ大きさで、体形も似る。飛ぶことはできないが、脚が強くてよく走る。オーストラリアに分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エミュー

エミュー科の鳥。全長約2m,体高1.5m。ダチョウに次いで大きく,形も似る。灰褐色で,頭部と首は灰青色。飛べないが走る力は強い。地上のくぼみに草を敷いて7〜18卵を産み,雄が抱卵する。
→関連項目オーストラリア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エミュー【emu】

ダチョウ目エミュー科Dromaiidaeの鳥(イラスト)。大型の走鳥類で,現生の鳥ではダチョウに次いで2番目に大きい。全長約2m,頭高1.5~1.8m,体重36~54kg。体は暗灰褐色の粗い毛状の羽毛で覆われ,顔と首側は羽毛がほとんどなく,青色の皮膚が裸出する。くちばしは短く,やや平たい。翼は退化して小さく,飛ぶことはできない。あしゆびは3本。足はじょうぶで,時速40~50kmで走ることができ,また泳ぎもじょうずである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エミュー【emu】

ダチョウ目エミュー科の鳥。頭高1.5メートル 内外。ダチョウより首が太くて短く、足も短い。三指の強力な脚でよく走る。木の実・昆虫などを食べる。砂地に卵を産み、雄が抱く。オーストラリア北・西・中部に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エミュー
えみゅー
emu
[学]Dromaius novaehollandiae

鳥綱ダチョウ目エミュー科の鳥。漢字ではと書く。大形の走鳥類で、現生の鳥ではダチョウに次いで大きい。全長約2メートル、頭高1.5~1.8メートル、体重36~54キログラム。体は暗灰褐色で、顔と頸側(けいそく)は皮膚が裸出して青い。ヒクイドリに似ているが、頭上に冑(かぶと)状の角質突起がない。オーストラリア大陸とタスマニア島に分布したが、タスマニアでは絶滅し、人口の多い東部オーストラリアでもまれである。低木を交えた草原や荒れ地にすみ、種子、芽、漿果(しょうか)などを主食としているが、昆虫類もかなり食べる。翼は退化し、飛ぶことはできない。最高時速40~48キロメートルで走り、泳ぎもうまい。巣は地面のくぼみに葉や小枝をすこし敷いただけで、1腹7~12個の卵を産み、雄だけで抱卵する。雛(ひな)の世話は雌雄でする。抱卵期間は58~61日。開拓の初期には、肉と卵は食用に、脂肪はランプの油として利用された。また畑を踏み荒らしたり、穀物を食べるために、最近まで報奨金を払って駆除していたが、現在では保護区が設けられている。各地の動物園でも飼われ繁殖している。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エミューの関連キーワードバララットフリンダースチェイス国立公園フラン(フランスの通貨単位)トロピカルフルーツワールドケアンズローンパインコアラ保護区ニッチ(生態的地位)ウィランドラ湖群地域オーストラリア先住民パラダイスカントリーヒクイドリ(火喰鳥)ケープレンジ国立公園イタリア労働総同盟オーストラリア亜区日本のおもな動物園サバンナ(植生帯)カランビン野鳥園和歌山公園動物園シギダチョウ目ブッシュフード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エミューの関連情報