コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エムデン エムデンEmden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エムデン
Emden

ドイツ北西部,ニーダーザクセン州エムス川河口の都市。起源は 800年頃とされる。バルト海沿岸諸国との貿易港として発展。 16世紀にはオランダ独立戦争の余波で,同国の貿易も引受けて大いに繁栄したが,17世紀以降,エムス川の流路が変り,港湾機能が衰えた。 1899年,港が整備され,ドルトムント=エムス運河によりルール地方と結ばれたため,再び重要貿易港となり,現在ではハンブルク,ブレーメンに次ぐ地位にある。北海のタラ漁業の根拠地でもある。造船,石油精製,食品加工などの工業が立地。フリージア諸島博物館などの歴史的建築物がある。人口5万 735 (1991) 。

エムデン
Emden

第1次世界大戦中,インド洋,太平洋で通商破壊に従事したドイツの軽巡洋艦開戦と同時に艦長 K.ミュラー大佐の指揮下に青島 (チンタオ) から出撃し,1914年 11月9日にココス島でオーストラリア巡洋艦『シドニー』に撃破され座礁するまでに,ペナンでロシア巡洋艦1隻を撃沈するほか,26隻の連合国商船を撃沈ないし拿捕した。排水量 3650t,10cm砲 10。日本海軍も『エムデン』追跡に協力した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エムデン

ドイツ北西端,ニーダーザクセン州,エムス河口の港湾都市。運河網を通じてルール工業地帯やウェーザー河口地域と連絡,石炭やスウェーデン鉱石の荷揚港。造船も行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

エムデンの関連キーワードエムデン(Gustav Embden)ヘルマ サンダース・ブラームスエムデン海淵・エムデン海渕エムデンマイエルホーフ経路ドルトムント・エムス運河ドルトムント・エムス運河ペントースリン酸経路ペントースリン酸回路ケンドル(婦人公)ピルビン酸代謝経路ロバート エムデンポリトロープガスガチョウ(鵞鳥)アルトゥジウス恒星内部構造論マイヤーホーフデュースブルクマイアーホーフフィリピン海溝ハイイロガン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android