エメン(英語表記)Emmen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エメン
Emmen

オランダ北東部,ドレンテ州の都市。氷堆石の丘陵上に位置し,19世紀に行われた周辺部の泥炭地開拓の拠点。 1920年以降,泥炭採掘業が衰えると失業者が増大したが,第2次世界大戦後は各種合成繊維,金属加工,化学,製材などの工業が立地し,急速に発展,ドレンテ州第1の都市になった。動物園,博物館のほか,付近には氷河が運んできた円礫でつくられた先史時代の遺跡があり,南方のドイツとの国境付近には油田,天然ガス田がある。人口9万 3107 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エメン【Emmen】

オランダ北東部,ドレンテ州の工業都市。人口8万8000(1980)。行政的にはエメンを中核として周辺の9農村が含まれる。泥炭湿原地帯に位置し,第2次大戦前まで貧しい寒村だったが,戦後,政府の開発政策と周辺地域の豊かな労働力の存在により工業(化学・金属工業など)のめざましい発展を遂げた。中心部の工業地域と森にかこまれた居住地がみごとに調和し,すぐれた都市計画で知られる。周辺には巨石文化の遺跡がある。【栗原 福也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エメン
えめん
Emmen

オランダ北東部、ドレンテ州南東部にある都市。人口10万7422(2001)。ドイツ国境に近く、町の周囲には低湿な泥炭地が残存するが、繊維をはじめ、金属、電子などの近代工業が発達する。中世以来の泥炭地開拓に伴って形成された湿地集落の中心地であったが、泥炭地の減少により、第二次世界大戦後、計画的に工業化が推進された。郊外にはヒュネベットhunebedとよばれるドルメン(卓石)状の巨石墳墓が散在する。[長谷川孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エメンの関連情報