コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラストマー エラストマー elastomer

翻訳|elastomer

5件 の用語解説(エラストマーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラストマー
エラストマー
elastomer

ゴムおよびその他常温において弾性を示す物質の総称。エラストマーは力が加えられると急速に数百%伸び,力を除くとすぐにもとの長さに収縮する。このような特性を示すためには,エラストマーを構成する物質の分子は引張られていない状態では無定形であり,分子間の橋かけにより網目構造をもつ高分子化合物でなくてはならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エラストマー(elastomer)

常温で非常に大きな弾性をもつ高分子物質の総称。ゴム・合成ゴムなど。→プラストマー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エラストマー【elastomer】

顕著な弾性をもつ高分子物質の総称で,物性面から高分子物質を分類する方式の一つによる分類である。これに対し,塑性を示す高分子物質はプラストマーplastomerとよばれる。エラストマーは,小さな応力でかなり大きな変形をおこし,応力を除去したときその変形から急速にほとんど元の形にまで戻ろうとする,いわゆるゴム状弾性を示す高分子物質で,だいたいにおいて加硫ゴムはエラストマーに分類される。【住江 太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エラストマー【elastomer】

常温で非常に弾性に富む高分子化合物の総称。ゴム、合成ゴムなど。 ↔ プラストマー

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エラストマー
えらすとまー
elastomer

常温付近でゴム弾性を示す高分子物質の総称。elastic(伸縮性のある)とpolymer(重合体)を合成した用語。ゴムは生ゴム(原料ゴム)とエラストマー(ゴム弾性体・加硫ゴム)に分けて考えられる。一般に生ゴムは屈曲性の高い非晶性鎖状高分子であり、外力によって分子間にずれが起こり、外力を除いたときに一部は元に戻らなくなる。すなわち塑性を示す。一方、エラストマーは生ゴムがゆるやかに架橋した三次元網目状高分子構造をもち、小さな外力で大きく変形し(弾性率は1~3メガパスカル、伸びは数倍)、外力を除くと、ただちにもとの形に戻る性質がある。エラストマーは、可逆的な変形が可能なゴム弾性を示す物質である。これに対して変形がもとの形に戻らず塑性を示す物質はプラストマーという。[福田和吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エラストマーの関連キーワード高分子化学高分子電解質粘弾性膨潤高弾性物性有機高分子結晶性高分子高分子物質生体分子

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エラストマーの関連情報