コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラストマー elastomer

翻訳|elastomer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラストマー
elastomer

ゴムおよびその他常温において弾性を示す物質の総称。エラストマーは力が加えられると急速に数百%伸び,力を除くとすぐにもとの長さに収縮する。このような特性を示すためには,エラストマーを構成する物質の分子は引張られていない状態では無定形であり,分子間の橋かけにより網目構造をもつ高分子化合物でなくてはならない。天然ゴム,各種合成ゴムは代表的なエラストマーである。エラストマーに対して,可塑性を示す物質をプラストマーということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エラストマー(elastomer)

常温で非常に大きな弾性をもつ高分子物質の総称。ゴム・合成ゴムなど。→プラストマー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エラストマー【elastomer】

顕著な弾性をもつ高分子物質の総称で,物性面から高分子物質を分類する方式の一つによる分類である。これに対し,塑性を示す高分子物質はプラストマーplastomerとよばれる。エラストマーは,小さな応力でかなり大きな変形をおこし,応力を除去したときその変形から急速にほとんど元の形にまで戻ろうとする,いわゆるゴム状弾性を示す高分子物質で,だいたいにおいて加硫ゴムはエラストマーに分類される。【住江 太郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エラストマー【elastomer】

常温で非常に弾性に富む高分子化合物の総称。ゴム、合成ゴムなど。 ⇔ プラストマー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エラストマー
えらすとまー
elastomer

常温付近でゴム弾性を示す高分子物質の総称。elastic(伸縮性のある)とpolymer(重合体)を合成した用語。ゴムは生ゴム(原料ゴム)とエラストマー(ゴム弾性体・加硫ゴム)に分けて考えられる。一般に生ゴムは屈曲性の高い非晶性鎖状高分子であり、外力によって分子間にずれが起こり、外力を除いたときに一部は元に戻らなくなる。すなわち塑性を示す。一方、エラストマーは生ゴムがゆるやかに架橋した三次元網目状高分子構造をもち、小さな外力で大きく変形し(弾性率は1~3メガパスカル、伸びは数倍)、外力を除くと、ただちにもとの形に戻る性質がある。エラストマーは、可逆的な変形が可能なゴム弾性を示す物質である。これに対して変形がもとの形に戻らず塑性を示す物質はプラストマーという。[福田和吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エラストマーの関連キーワード相互侵入高分子網目デコレ シザースブタジエンゴムウレタンゴム熱可塑性ゴムポリウレタン無加硫ゴム人工筋肉JSR

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エラストマーの関連情報