コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラム語 エラムごElamite language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラム語
エラムご
Elamite language

チグリス川以東,ペルシア湾北岸地方に住んでいた民族の言語。死語であるが,楔形文字碑文が残っていて,部分的に解読されている。前 16~8世紀の碑文のものを古エラム語,前6~4世紀の碑文のものを新エラム語と呼ぶ。系統未詳。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エラム語【エラムご】

古代イラン高原のエラム地方を中心に,メソポタミア一帯にまで勢力を張ったエラム人の言語で死語。語族不明で,シュメール語ヒッタイト語,ウラルトゥ語等とまとめて〈古代小アジア諸言語〉と称される。最古の碑文は前3千年紀で固有の音節文字を用いている。前16世紀からは楔形(くさびがた)文字が用いられた。→エラム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エラムご【エラム語 Elamite】

膠着語の特徴をもった系統不明の古代オリエント諸言語の一つ。シュメール語,フルリ語,カッシート語,原ハッティ語などとともに一括してカフカス語とかカスピ語,ヤペテ語と呼ばれ,これらの諸言語を話したオリエントの古代住民は人種的にアジアニックと総称されている。しかし,これらが共通な語族を形成していたかどうかは,まだ十分に証明されていない。エラム語の文法は,資料が限られているという制約もあって,不明の部分が少なくない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エラム語
えらむご

イラン南西部のスーサを中心とした古代エラム地方の言語。最古相は紀元前3000年ごろの象形文字による原エラム語であるが、これは未解読である。その後、楔形(くさびがた)文字が導入され、前13世紀~前7世紀のまとまった資料がある。続いてエラムはアケメネス朝ペルシアの版図に入ったが、古代ペルシア語と並んで公的碑文に用いられた。この時期の姿がもっともよくわかっているが、十分に構造が解明されたわけではなく、系統関係も依然不明である。[柘植洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エラム語の関連キーワードアケメネス朝ペルシア古代オリエント文明ダリウス(1世)ビーシトゥーンビストゥンベヒスタン粘土板金石文膠着語

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android