コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリザベス様式 エリザベスようしきElizabethan style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリザベス様式
エリザベスようしき
Elizabethan style

イギリスのエリザベス1世時代 (1558~1603) の建築様式。主として邸宅建築の様式で,中世風のホール (上段つきの広間) や垂直式ゴシックの大きな格子窓をもつ石造建築であるが,左右対称の平面や立面,古典的なオーダーや皮細工装飾などの適用でルネサンス様式の影響を明白に示している。ロングリート (80~88) ,ウォラトン・ホール (80~88) などがその代表作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エリザベスようしき【エリザベス様式】

エリザベス1世の治世(1558‐1603)にイギリス工芸・装飾にみられる様式。イギリスへのルネサンス様式の採り入れはヘンリー8世以来,H.ホルバイン(子)を宮廷画家として招き,肖像を描かせ,またイタリアから移住してきた彫刻・工芸職人たちの仕事などによって紹介されてきた。しかしイギリスでのゴシック様式への傾倒は強く,しばしば並存して用いられた。エリザベス朝における国力の増大と安定は,自信に満ちた重厚で豪華な家具・調度を生んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリザベス様式
えりざべすようしき
Elizabethan style

エリザベス1世の治政時代(1558~1603)に流行したイギリスの建築様式。チューダー様式とジェームス1世様式との間に挟まれた過渡的様式。依然としてゴシックの垂直構造を基本とし、チューダー様式の小塔や窓の多い外観を踏襲しながらも、細部の装飾やシンメトリーの原理の行き渡ったファサード(正面)などにイタリアおよびフランスのルネサンス様式の影響を示している。教会建築よりもむしろ城館を主とする世俗建築の分野で発展した。代表例としては、ノーサンプトンシャーのバーグレー・ハウス(1560~80ころ)やダービーシャーのハードウィック・ホール(1591~97)などがあげられる。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエリザベス様式の言及

【イギリス美術】より


[ルネサンス,バロック,ロココ]
 ヘンリー8世がアングリカン・チャーチを樹立し修道院解散(1536,39)を行ったため,それまでの宗教建築を支えてきた建築家のギルドは弱体化し,これ以後のイギリス建築は国王や貴族のための世俗建築(宮殿,邸館,別荘など)に重点が移動する。ルネサンス様式と後期ゴシック(垂直様式)の混交した16世紀前半の〈チューダー様式〉の後,エリザベス1世の時代(1558‐1603)には,イタリア風のシンメトリーも取り入れた〈エリザベス様式〉が行われた。17世紀に入るとI.ジョーンズがイギリス建築に新紀元を開く。…

※「エリザベス様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エリザベス様式の関連キーワードジャコビアン様式イギリス建築スミッソン室内装飾

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android