コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリソン Ellison, Ralph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリソン
Ellison, Ralph

[生]1914.3.1. オクラホマ,オクラホマシティー
[没]1994.4.16. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の黒人小説家。フルネーム Ralph Waldo Ellison。生地の公立学校卒業後,州の奨学金を得てアラバマ州の黒人向け職業学校タスキーギ工業師範学校で音楽を専攻。作曲家になるつもりでニューヨークに出たが,ここで黒人作家リチャード・ライトを知り,その勧めで小説の執筆を始めた。1952年,7年の歳月をかけて完成した長編見えない人間』Invisible Manを発表し,全米図書賞を受賞。この作品は,黒人のアイデンティティ喪失を象徴的に描いたもので,第2次世界大戦後のアメリカ小説を代表する作品の一つに数えられる。その後は各地の大学の講師をしたり,種々の雑誌に寄稿。評論集『影と行為』Shadow and Act(1964)などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エリソン

米国のアフリカ系作家。オクラホマ出身。作曲家を志したが文学に転じ,人間的希望を果たし得ない黒人の運命を表現主義風に描いた長編《見えない人間》(1952年)は高く評価された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エリソン【Ralph Ellison】

1914‐94
ライト,ボールドウィンとならぶアメリカ黒人文学界の重鎮。オクラホマ州の出身で,はじめ音楽家を志したが,1937年ニューヨークでライトと知り合ったのが作家になる機縁となったといわれる。作品としては十数編の短編小説,すぐれた評論集《影と行為》(1964)のほかに,代表作長編小説《見えない人間》(1952)があるだけである。だが今やアメリカの古典の一つともいうべきこの大作によって,世界の文学界でのその地位は不動のものとなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エリソン【Ralph Ellison】

1914~1994) アメリカの小説家。アメリカの黒人の置かれた状況を、白人の目には見えない存在という比喩を通して描き出した「見えない人間」で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリソン
えりそん
Ralph Ellison
(1914―1994)

アメリカの黒人作家。オクラホマ州オクラホマ・シティ生まれ。タスキーギー学院に進んで音楽の勉強をしたあと、ニューヨークに渡り、アメリカ黒人の抗議文学を代表する黒人作家R・ライトと知り合い、また共産党と関係をもつようになって作家生活に入った。代表作は長編小説『見えない人間』(1952)。これは、正体をもたないことがアメリカ黒人の正体であるとするユニークな認識を通じて、アメリカ黒人の自由の可能性を模索した作品といえるが、そのような認識に至る過程を、アメリカ黒人がアメリカ社会のなかで見えない存在となっていく苦しみとして描き出している。ほかに評論集『影と行為』(1964)などがある。[齊藤忠利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エリソンの関連キーワードエドワード・E.(Jr.) デービットライト(Richard Wright)膵嚢胞/膵良性腫瘍/膵内分泌腫瘍ゾリンジャー=エリソン症候群酸症状のいろいろと対策ランゲルハンス島腫瘍オラクル(企業名)ラリー エリソン吸収障害症候群WDHA症候群胃酸過多症ジョーンズウォールオラクルポーラー破提宇子胃性下痢3月1日過酸症比喩

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エリソンの関連情報