コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリー Erie

翻訳|Erie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリー
Erie

アメリカ合衆国,ペンシルバニア州北西部,エリー湖東岸の都市。地名はインディアンエリー族に由来。 1753年フランスのが建設されたが,その後放棄され,95年アメリカ合衆国の砦と町が建設された。以来エリー湖畔にのぞむ港町,工業都市として発展。パルプ鉄鉱石石灰岩,石炭,石油,工業製品などの積卸しが行われる。金属工業が最も重要で,食品,製紙工業も行われる。そのほか電気機関車,パワーショベル,エンジン,ボイラ,プラスチック製品,玩具,アスベスト製品,絞り機械と電子工業部品など多種にわたる工場が立地する。 1963年に復元されたペリー記念館は,かつてのディクソン・タバーンで逃亡奴隷をかくまったところ。人口 10万 8718 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エリー

米国,ペンシルベニア州の港湾・工業都市。エリー湖南岸に位置し,木材(特にパルプ),石炭,石油,農産物集散地。電気器具・機械・化学工業も行われる。10万1786人(2010)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エリー【Erie】

アメリカ合衆国ペンシルベニア州北西部,同名郡の郡都。人口10万8000(1994)。エリー湖に面しており,ペンシルベニア州において五大湖に面した唯一の港である。石炭,鉄鉱石,穀物,石油,木材などの移出港。ボイラー,エンジン,パワーショベル,プラスチック,紙製品,機械などが主要工業製品。1753年,フランス人がこの地にプレスク砦を建設したが,町が形成されたのは95年であった。1851年市制施行。【菅野 峰明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリー
えりー
Erie

アメリカ合衆国、ペンシルベニア州北西部、エリー湖岸の港湾都市。人口10万3717(2000)。同州では唯一の五大湖に臨む良港で、石炭、石油、鉄鉱石、穀物、木材を積み出し、漁業基地としても繁栄する。ボイラー、エンジン、パワーショベルなどの製造業も盛んである。18世紀末に、フランスの要塞(ようさい)跡に町が築かれた。1844年エリー・ピッツバーグ運河の開通、50年代の鉄道の開通によって大きく発展した。エリー湖に長く延びた半島部にあるプレスク島州立公園は、行楽地として名高い。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エリーの関連キーワードニューヨーク州バージ運河系統ハロウィン4/ブギーマン復活ニューヨーク州運河システムRoom Of Kingイーストクリーブランドセント・クレア[湖]フォート・ウェーンオンタリオ[湖]セント・クレア湖オハイオ[州]木下部長とボククリーブランドオンタリオ湖シラキュースデトロイト川ロチェスターマールブルクバッファロービンガムトン負けない心

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エリーの関連情報