コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンツェンスベルガー Enzensberger, Hans Magnus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンツェンスベルガー
Enzensberger, Hans Magnus

[生]1929.11.11. カウフボイレン
ドイツの詩人評論家。闇商人や通訳,バーテンダーなどをしながらギムナジウムを卒業。エルランゲン大学などで文学,哲学を学び,世界各地を放浪,一時ノルウェーに住んだ。処女詩集狼たちの弁護』 Verteidigung der Wölfe (1957) で早くも注目を浴び,現代ドイツの代表的な社会派詩人と認められる。また,1965年創刊の雑誌『時刻表』 Kursbuchに拠り,最も先鋭的な社会批判を試みている。主著,詩集『国の言葉』 Landessprache (60) ,『点字』 Blindenschrift (64) ,『霊廟』 Mausoleum (75) ,評論『細目』 Einzelheiten (62) ,『政治と犯罪』 Politik und Verbrechen (64) ,戯曲『ハバナの審問』 Das Verhör von Habana (70) ,小説『スペインの短い夏』 Der kurze Sommer der Anarchie (72) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エンツェンスベルガー(Hans Magnus Enzensberger)

[1929~ ]ドイツの詩人・評論家。季刊誌時刻表」を主宰し、現代社会の批判を中心に政治や文学を論じた。詩集「狼たちの弁護」、評論集「意識産業論」など。エンツェンベルガー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エンツェンスベルガー

ドイツの詩人,批評家。社会福祉国家の従順な小羊たちを攻撃する処女詩集《狼どもの弁護》(1957年),《くにのことば》《点字》等の詩集や《個々のもの》《政治と犯罪》等の評論集によって政治,文学に鋭い批判精神を示す。
→関連項目47年グループ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エンツェンスベルガー【Hans Magnus Enzensberger】

1929‐
ドイツの詩人,批評家。民族突撃隊に動員された15歳の少年として敗戦を迎え,通訳などで生計を立てながら大学では文学を専攻。卒業論文はブレンターノ詩法を論じたもの。《狼たちの擁護》(1957)など数冊の詩集により,強烈な政治的批判を内に秘めた鋭い言語感覚の詩人として文学的出発をしたが,やがて《個々のもの》(1962),《政治と犯罪》(1964)など犀利な社会批判的評論によって既成左翼の教条主義を痛撃する新しいタイプの急進的知識人の典型と目されるにいたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エンツェンスベルガー【Hans Magnus Enzensberger】

1929~ ) ドイツの詩人・評論家。文化・芸術・政治に対する鋭敏な感性による批評で知られる。詩集「狼たちの弁明」、批評集「個々のもの」「意識産業論」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンツェンスベルガー
えんつぇんすべるがー
Hans Magnus Enzensberger
(1929― )

ドイツの詩人、評論家。バイエルンの生まれ。第二次世界大戦末、民族突撃隊の少年兵として敗戦を迎え、通訳などで生計をたてながら大学では文学を専攻。卒論ではブレンターノの詩法を論じた。『狼(おおかみ)たちの擁護』(1957)、『くにのことば』(1960)など数冊の詩集により、強烈な政治的批判を内に秘めた鋭い言語感覚の詩人として出発したが、同時に犀利(さいり)な社会批判的評論も発表した。『細目』(1962)、『政治と犯罪』(1964)など、いずれも詩人としての感性が現代社会の不正に敏感に反発するところに生じた評論集といってよく、1960年代末以降、既成左翼の固定観念を脱した新しいタイプの、いわゆる新左翼系急進的知識人の典型と目されるに至る。日本ではとくに著名な『意識産業論』(1962)は、「意識の搾取」を本質とする現代の知的産業全般を、自己批判を込めて論じたエッセイとして鋭い。1963年のビュヒナー賞ほか数多くの文学賞を受賞。1965年以降、雑誌『時刻表』を創刊編集。自らも誌上で時局的諸問題について健筆を振るう。この間キューバなど世界各地を訪れ、1973年(昭和48)には来日した。この時期『ハバナの審問』(1970)、『スペインの短い夏』(1972)など、ドキュメンタルな作品もある。過去600年にわたる「進歩」が含む問題への反省を基本的主題に据えたバラード集『霊廟(れいびょう)』(1975)や、長編詩『タイタニック沈没』(1978)、ディドロを主人公にして知識人という存在の問題性を喜劇の形式で描いた戯曲『人間好き』(1984)など、1970年代後半以降の作品では初期の評論のような社会批判的舌鋒(ぜっぽう)の鋭さは薄れたきらいはあるが、斬新(ざんしん)な視覚と才筆ぶりは依然として健在である。ほかに長編ルポルタージュ『ああ、ヨーロッパ!』(1987。邦訳『ヨーロッパ半島』)など。1985年にはハインリヒ・ベル賞を受賞した。[青木順三]
『野村修訳『政治と犯罪』(1966・晶文社) ▽石黒英男訳『意識産業』(1970・晶文社) ▽野村修訳『スペインの短い夏』(1977・晶文社) ▽野村修訳『霊廟――進歩の歴史からの37篇のバラード』(1983・晶文社) ▽野村修訳『タイタニック沈没』(1983・晶文社) ▽野村修訳『人間好き――ディドロについての対話』(1987・晶文社) ▽石黒英男・小寺昭次郎他訳『ヨーロッパ半島』(1989・晶文社) ▽野村修訳『冷戦から内戦へ』(1994・晶文社) ▽丘沢静他訳『数の悪魔――算数・数学が楽しくなる12夜』(1998・晶文社) ▽川西美沙訳『「愛」の悪魔』(2001・晶文社) ▽丘沢静也訳『ロバートは歴史の天使』(2001・晶文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエンツェンスベルガーの言及

【ニューメディア】より

…英語ではnew media,newmediaの両表記を使うが,日本語では〈ニュー・メディア〉から次第に〈ニューメディア〉の表記になった。ディジタル信号による新しい電子メディアの意味でこの語を最初に用いたのは,H.M.エンツェンスベルガーが早い。彼は,〈メディア論のための積木箱〉(《Kursbuch》1970年3月号)のなかで,〈neue Medien〉という言葉に特別の意味を込めた。…

※「エンツェンスベルガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エンツェンスベルガーの関連キーワードブレンターノ(Clemens Brentano)ニューメディアグループ47ドゥルティドイツ文学メナボー赤十字メナボ弁明感性

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android