コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンバク(燕麦) エンバク

2件 の用語解説(エンバク(燕麦)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エンバク(燕麦)【エンバク】

カラスムギ,オートムギとも。イネ科の一〜二年草で,飼料作物として重要。高さ1m内外に達する。茎,葉,種子を家畜の飼料とするほか,子実をオートミールアルコールの原料とする。
→関連項目オートミールカラスムギ飼料作物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エンバク【エンバク(燕麦) oat】

イネ科の一年草または越年草(イラスト)。オートムギ,カラスムギとも呼ばれるが,カラスムギは近縁の野生種A.fatuaを指す名である。茎は高さ60~160cmになり,葉は線形で,幅1~1.5cm。コムギよりやや幅が広い。茎葉は灰緑色を帯びる。花序は茎頂より出て全長15~30cm,各節から出る細い穂枝の先にそれぞれ数個の小穂をつける。小穂はツバメの羽形の護頴(ごえい)に包まれ,2~3の小花がある(イラスト)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエンバク(燕麦)の言及

【カラスムギ】より

…ヨーロッパから西アジア原産のイネ科の越年草(イラスト)。畑地,とくに麦畑の雑草として普通であり,おそらくムギとともに日本へ伝わったものであろう。チャヒキグサともいう。茎はまばらに叢生(そうせい)し,高さは50~90cmで麦わらに似る。葉は少数,幅の広い線形で,長さは20cm前後,幅は1cmくらい,やや白っぽい緑色をしている。6月ころ,まばらでやや大型の円錐花序を出し,長さは20cmくらい,枝は非常に細く,花序の軸に輪生し,その先に1~3個の緑色で大型の小穂を垂らす。…

【カラスムギ】より

…また,牧草としても利用できるし,花序は干して染めたりしてドライフラワーとする。オートミールの原料のエンバクA.sativa L.(英名oat)はオートムギまたはマカラスムギとも呼ばれ,野生のカラスムギから選抜されてできた作物である。エンバクでは小花の芒が普通はない。…

【麦】より

コムギオオムギライムギエンバクなどの植物やその子実の総称。単に麦といえばとくにオオムギとコムギとを区別せずに示す場合が多い。…

※「エンバク(燕麦)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エンバク(燕麦)の関連キーワード一年草霞草錦鶏菊雀の帷子爪草野萵苣不断草蓑米麦藁菊ライ麦