エンボス加工(読み)エンボスかこう(英語表記)embossing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エンボス加工」の解説

エンボス加工
エンボスかこう
embossing

皮革や布地に,凸凹模様を彫った押し型で強圧し,浮き出し (エンボス) 模様を作る加工法。合成繊維製品は型押しとともに加熱し,レーヨン木綿などは生地樹脂加工をしてから型押し,加熱し,洗濯しても消えないようにしている。最近では,本物爬虫類の革そっくりの模様を付けた本革や人工皮革に人気が高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「エンボス加工」の解説

エンボスかこう【エンボス加工 embossing】

紙,布,皮革,金属の薄板などに凹凸模様を与える加工法をいう。
[紙のエンボス加工]
 片面エンボスと両面エンボスがある。前者の場合,模様(絹目,布目,梨目など)を彫刻したロールと弾性ロールとの間に巻取紙を通し,加圧して模様をつける。後者の場合は,彫刻したロールを押しつけて弾性ロールに雌型の模様をつけてから紙を通す。コート紙を使用し,壁紙や小型パンフレット類などに利用される。【臼田 誠人】
[布のエンボス加工]
 模様を彫刻した鋼鉄製ロールを加熱し,雌型の非金属性ロールとの間に圧力をかけ,湿した布を通して模様をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android