コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンレイソウ

2件 の用語解説(エンレイソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エンレイソウ

タチアオイとも。北海道〜九州の山中の林内にはえるユリ科の多年草。茎は太く高さ20〜40cm,太く短い根茎から直立し,先端に3枚の葉を輪生する。葉は柄がなく,まるみのあるひし形で,長さ・幅とも7〜17cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンレイソウ
えんれいそう / 延齢草
[学]Trillium apetalon Makino

ユリ科の多年草。葉形と花形から、アオイ科のものとは別にタチアオイ(立葵)ともいう。太く短い根茎から高さ20~40センチメートルの茎を出す。葉は3枚輪生し、菱(ひし)状円形で無柄、長さ幅ともに10~15センチメートル。4~5月、長さ1.5~3センチメートルの花柄の先に、斜め上向きに外花被(かひ)の欠ける花を1個つける。花は径2~3センチメートル、萼片(がくへん)は3枚、緑色または緑褐色、縁(へり)は暗紫色を帯びる。液果は球形、緑色または黒紫色、径1~2センチメートルで、熟すと果肉の部分は甘味がある。種子は約2ミリメートルで、白色の付属体(仮種皮の一種、種枕(しゅちん))があり、アリによって散布される。樺太(からふと)(サハリン)、北海道から九州にかけての低地から山地の落葉樹林林床(りんしょう)に広く分布する。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エンレイソウの関連情報