コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーレンシュレーガー Oehlenschläger, Adam Gottlob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーレンシュレーガー
Oehlenschläger, Adam Gottlob

[生]1779.11.14. コペンハーゲン近郊ベステルボ
[没]1850.1.20. コペンハーゲン
デンマークの詩人,劇作家。オルガン奏者の父が城代をつとめるフレデリクベア城で育った。コペンハーゲン大学在学中,ドイツ帰りの H.ステフェンスが教授として着任,彼からドイツ・ロマン主義の洗礼を受け,北欧ロマン主義文学の第一声となった『黄金の角杯』 Guldhornene (1802) を書いた。以後『北欧詩集』 Nordiske Digte (07) をはじめとする北欧の神話伝説に取材した多くの詩や,アラビアン・ナイトに取材した詩劇『アラディン』 Aladdin (05) ,ドイツ語で書いた芸術家の悲劇『コレッジオ』 Correggio (11) などを次々と発表,その華麗奔放で多産な活動は北欧文壇に大きな刺激を与え,「スカンジナビアの詩王」とたたえられた。 1805~07年に大陸諸国を歴訪,ゲーテらとも交わった。帰国後は次第に初期のロマン的精神が沈静して牧歌的な古典主義に近づき,作品の数も少くなったが,コペンハーゲン大学の美学教授,次いで学長もつとめ,全国民の敬愛を受けて栄光のうちに生涯を閉じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エーレンシュレーガー(Adam Gottlob Oehlenschläger)

[1779~1850]デンマークの詩人・劇作家。ゲーテやドイツ‐ロマン派詩人と交友。北欧ロマン主義を確立。作「北欧詩集」など。エーレンシュレーゲル。エーレンスレーヤ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

エーレンシュレーガー【Adam Gottlob Oehlenschläger】

1779~1850) デンマークの詩人・劇作家。北欧ロマン主義の確立者。代表作「北欧詩集」、戯曲「アラジン」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーレンシュレーガー
えーれんしゅれーがー
Adam Gottlob Oehlenschlger
(1779―1850)

デンマークの詩人。本国ではエーレンスレーヤーという。コペンハーゲン大学では法科に学んだが、古代北欧文学を耽読(たんどく)。ドイツ帰りの詩人ステフェンスからロマン精神を吹き込まれて書いた長詩『黄金の角杯(かくはい)』(1802)は、北欧ロマン主義の曙(あけぼの)を告げた。『千夜一夜物語』に材をとった詩劇『アラジン』(1805)は初期の代表作。1805年から09年にかけて王室の補助を受けてドイツ、フランス、イタリアに遊び、ゲーテやホフマンと親交した。初めはドイツ・ロマン派の影響が濃かったが、しだいに古代北欧の剛健さを慕うようになり、『北欧詩集』(1807)、詩劇『ヘルゲ』、また芸術家の悲劇を扱った『コレッジヨ』などを出して「スカンジナビアの詩王」と仰がれる。アンデルセン、イプセンをはじめ、多くの北欧の詩人や劇作家がその影響を受けた。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エーレンシュレーガーの関連キーワードデンマーク文学イプセンアラジン北欧演劇ヘルツ山室

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android