コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーレンシュレーガー エーレンシュレーガー Oehlenschläger, Adam Gottlob

4件 の用語解説(エーレンシュレーガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーレンシュレーガー
エーレンシュレーガー
Oehlenschläger, Adam Gottlob

[生]1779.11.14. コペンハーゲン近郊ベステルボ
[没]1850.1.20. コペンハーゲン
デンマークの詩人,劇作家。オルガン奏者の父が城代をつとめるフレデリクベア城で育った。コペンハーゲン大学在学中,ドイツ帰りの H.ステフェンスが教授として着任,彼からドイツ・ロマン主義の洗礼を受け,北欧ロマン主義文学の第一声となった『黄金の角杯』 Guldhornene (1802) を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エーレンシュレーガー(Adam Gottlob Oehlenschläger)

[1779~1850]デンマークの詩人・劇作家。ゲーテやドイツ‐ロマン派詩人と交友。北欧ロマン主義を確立。作「北欧詩集」など。エーレンシュレーゲル。エーレンスレーヤ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エーレンシュレーガー【Adam Gottlob Oehlenschläger】

1779~1850) デンマークの詩人・劇作家。北欧ロマン主義の確立者。代表作「北欧詩集」、戯曲「アラジン」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーレンシュレーガー
えーれんしゅれーがー
Adam Gottlob Oehlenschlger
(1779―1850)

デンマークの詩人。本国ではエーレンスレーヤーという。コペンハーゲン大学では法科に学んだが、古代北欧文学を耽読(たんどく)。ドイツ帰りの詩人ステフェンスからロマン精神を吹き込まれて書いた長詩『黄金の角杯(かくはい)』(1802)は、北欧ロマン主義の曙(あけぼの)を告げた。『千夜一夜物語』に材をとった詩劇『アラジン』(1805)は初期の代表作。1805年から09年にかけて王室の補助を受けてドイツ、フランス、イタリアに遊び、ゲーテやホフマンと親交した。初めはドイツ・ロマン派の影響が濃かったが、しだいに古代北欧の剛健さを慕うようになり、『北欧詩集』(1807)、詩劇『ヘルゲ』、また芸術家の悲劇を扱った『コレッジヨ』などを出して「スカンジナビアの詩王」と仰がれる。アンデルセン、イプセンをはじめ、多くの北欧の詩人や劇作家がその影響を受けた。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーレンシュレーガーの関連キーワードコペンハーゲンコペンハーゲン学派コペンハーゲン動物園コペンハーゲンブルーコペンコンチェルト・コペンハーゲンコペンハーゲン 首相の決断コペンハーゲンカーニバルコペンハーゲン言語学集団コペンハーゲン大学天文台

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone