オイルショック(英語表記)oil shock

大辞林 第三版の解説

オイルショック【oil shock】

1973年の第四次中東戦争を機にアラブ産油国が原油の減産と大幅な値上げを行い、石油輸入国に失業・インフレ・貿易収支の悪化という深刻な打撃を与えた事件(第一次)。また、1979年のイラン革命に伴って産油量が減り、原油価格が急騰した事件(第二次)。石油ショック。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オイルショック

1973年の第4次中東戦争、79年のイラン革命に端を発する石油の供給危機。これにより、石油価格が高騰。先進各国は不況インフレの同時進行で大きな打撃を受けた。日本でも石油関連製品の買占めなどにより、「狂乱物価」という現象が起き、スーパーの店先などで商品を奪い合うパニックが発生することもあった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オイル‐ショック

〘名〙 (洋語oil shock) 石油価格の大幅引き上げにより経済各分野への深刻な影響があったこと。昭和四九年(一九七四)に第一次オイルショック、同五四年に第二次オイルショックがあった。石油ショック。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オイルショックの関連情報