コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウギガニ オウギガニLeptodius exaratus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オウギガニ
Leptodius exaratus

軟甲綱十脚目オウギガニ科 Xanthidae。甲幅 4cm。甲は扇形で,甲域が明瞭に分かれている。甲の前側縁には三角形の 5歯があり,6歯をもつムツハオウギガニ L. sanguineus と区別される。両種とも地味な暗灰褐色で,灰白色や黒褐色の不規則な斑紋があることが多い。潮間帯の石の下や岩の割れ目では形態が擬態となり,体色が保護色となっているが,外敵に対して擬死をする。インド西太平洋海域で最も普通に見られるカニの一種。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オウギガニ

甲殻類オウギガニ科のカニ。甲は前方に開いた扇形で前側縁には5個の歯がある。体は暗青〜暗褐色,はさみの両指は黒色。甲長20mm,甲幅40mm前後。房総半島以南の岩礁潮間帯の石の下などに普通に見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウギガニ
おうぎがに / 扇蟹
[学]Leptodius exaratus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目オウギガニ科に属するカニ。房総半島から南太平洋、インド洋まで広く分布する。甲は前方に開いた扇形で、前側縁の歯は眼窩(がんか)外歯を含めて五つである。甲面は平らで、甲域に細分されており、横しわや大小のくぼみで粗面を呈する。色彩は、じみな暗青色から暗褐色まで変異に富むが、灰白色の不規則模様や大きな黒斑(こくはん)があることが多い。甲の形状と色彩は擬態効果をもち、さらに外敵に対して脚(あし)を縮めて死んだふりをする。甲幅3センチメートル内外。甲の前側縁に6歯あるムツハオウギガニL. sanguineusは、一般的形態や習性、分布とも本種と同様である。やや大きく、サンゴ礁海域に多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オウギガニの関連キーワードマンジュウガニ(饅頭蟹)オーストラリアオオガニスベスベマンジュウガニマツバガニ(松葉蟹)オウギガニ(扇蟹)ウモレオウギガニイワオウギガニマンジュウガニキンチャクガニハタグモガニズワイガニマツバガニヒヅメガニカノコガニ泡粒銀杏蟹カラッパヒシガニ鹿子蟹饅頭蟹岩扇蟹

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android