コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウギヤシ

栄養・生化学辞典の解説

オウギヤシ

 [Borassus flabellifer].ウチワヤシともいう.果実の汁を飲料にし,花へいを切って出る乳汁から砂糖をとったり酒を作る.若い芽も食用になる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウギヤシ
おうぎやし
palmyra palm
[学]Borassus flabellifer L.

ヤシ科オウギヤシ亜科オウギヤシ属9種中の代表種。葉形が扇に似ているのでオウギヤシという。幹は単幹で直立し、高さ30メートル以下。幹径は35センチメートルであるが、下部はしだいに肥大し基部は径60センチメートル。葉は周径3メートルの掌状葉で光沢のある緑色。小葉裂片は直伸し先は鋭くとがる。葉柄を長期間固着するものがある。花序は葉間から伸び、雌雄異株。雄花は分岐が多く長さ30センチメートル。雌花は分岐が少ない。果実は通例黒褐色で黄色もあり、径15~20センチメートルの球形で花被(かひ)に深く包まれ、1~3個の種子をもつ。
 熟果は甘味が強く食用となる。種子はやや扁平(へんぺい)で乳白色の繊維で包まれ、胚(はい)は頂部にある。花柄を切断して分泌する樹液を煮詰めて糖蜜(とうみつ)や砂糖をとり、液を放置するとラム酒になる。サトウヤシsugar palmの代表種であり、酒ヤシtoddy palmの代表種でもある。葉は屋根葺(ふ)きや代用紙に用い、葉柄基部の繊維はブラシや縄に用い、木材は堅く耐久性に富むのでカヌーの舟材にする。インド、ミャンマー、マレーシア、カンボジア、タイに分布する。
 オウギヤシ属にはこのほかに、エチオピア、スーダン、アフリカ北部、ニューギニア島に分布するものがあり、果実はすべて黄色。アフリカ産のものは、高木となると幹高の中央が肥大する。
 ココヤシ、アブラヤシ、ナツメヤシとともに有用ヤシとして利用される。栽培は30℃以上で多湿を要する。[佐竹利彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオウギヤシの言及

【ウチワヤシ】より

…通常,栽培される大型のヤシ科植物で,高さ30mに達する。オウギヤシ,パルミラヤシの別名もある。掌状葉は扇形で径1~1.5m,堅い革質で光沢がある。…

※「オウギヤシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オウギヤシの関連キーワードペラデニヤ熱帯植物園サトウヤシオオミヤシアレンガヤシ