コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオアジサシ Thalasseus bergii; greater crested tern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオアジサシ
Thalasseus bergii; greater crested tern

チドリ目カモメ科。全長 46~49cmの大型のアジサシ夏羽(→羽衣)は頭上が黒く,後頭部に黒い冠羽(→羽冠)がある。背面,,尾は灰色でほかは白い。強大なは黄色で脚は黒い。冬羽は頭上が白と黒のまだらで後頭部のみ黒い。南アフリカからインド洋,太平洋南西部の島々,オーストラリアまで温帯から熱帯の海岸や島の岩礁などで繁殖する。南アフリカでは建物の屋根に営巣している。日本では南西諸島小笠原諸島に少数が夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,繁殖する。本州沿岸にもごくまれに渡来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオアジサシ
おおあじさし / 大鰺刺
swift (greater crested) tern
[学]Sterna bergii

鳥綱チドリ目カモメ科の海鳥。全長約47センチメートル。嘴(くちばし)は黄色で、頭は黒く、後頭部は羽冠となる。大西洋を除く暖海の島や沿岸で集団繁殖する。日本では小笠原(おがさわら)諸島や南西諸島で繁殖する。[長谷川博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオアジサシの関連キーワードカリフォルニア湾の島々と保護地域群

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android