コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオモズ Lanius excubitor; great grey shrike

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオモズ
Lanius excubitor; great grey shrike

スズメ目モズ科。全長 22~26cmで,モズ類では大型種。頭上と背は灰色,と尾は黒く,翼に白斑がある。顔と胸,腹は白色で,の脇から後頭にかけて黒色の太い過眼線がある。地域によってやや異なるが,ユーラシア大陸と北アメリカの北緯およそ 50°以北から 70°以南で繁殖し,冬期は温帯地域に渡って越冬する。ヨーロッパの多くでは留鳥である。日本には冬季ごくまれに渡来する。林縁低木のまばらにはえる草地,農耕地などにすむ。肉食で獲物は昆虫や爬虫類なども含むが,ネズミ類が多い。足でつかみとるタカ類と異なり,嘴でくわえてとる。モズと同様に木のとげ有刺鉄線などに獲物を蓄えておく「はやにえ(早贄)」をする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオモズ
おおもず / 大鵙
northern shrikegreat-grey shrike
[学]Lanius excubitor

鳥綱スズメ目モズ科の鳥。全長24.5センチメートル。頭から背は灰色、翼と尾は黒色、下面は白色。ユーラシア、北アメリカ大陸北部で繁殖し、冬季は各大陸の温帯地域へ渡る。わが国では北日本に冬鳥として少数が渡来する。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オオモズの関連キーワード百舌・百舌鳥・鵙百舌

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android