コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オガサワラオオコウモリ Pteropus pselaphon; Bonin flying fox

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オガサワラオオコウモリ
Pteropus pselaphon; Bonin flying fox

翼手目オオコウモリ科。前腕長 13~13.5cm,体長 19~25cm。頭部は黒色,体部は黒褐色で光沢のある銀白色の毛が混じる。鼻先は短くて太い。おもに夕方と明け方に活動するが,日中も飛ぶ。タコノキ,バナナなどの果実や,リュウゼツラン (竜舌蘭) などの花の蜜を主食とする。小笠原諸島父島母島南硫黄島に分布し,国の天然記念物に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オガサワラオオコウモリ【Bonin flying fox】

毛が長く,むく毛状で首輪がない灰黒色の翼手目オオコウモリ科の哺乳類。小笠原諸島の特産で,母島および硫黄列島の中硫黄島,南硫黄島に分布する。1860年(万延1)ごろは父島にも多数生息していたが,近年絶滅したらしい。体長20~25cm,前腕長12.5~14cm。吻(ふん)は短くて,太く,耳介は短く,先端が細く,ややとがる。後肢上面からつめの基部まで毛に覆われる。体毛は柔らかい長毛と短毛からなり,上下面とも灰黒色,光沢のある銀白色の毛を混生し,霜降り状。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オガサワラオオコウモリ
おがさわらおおこうもり / 小笠原大蝙蝠
Bonin flying fox
[学]Pteropus pselaphon

哺乳(ほにゅう)綱翼手目オオコウモリ科の動物。小笠原諸島、硫黄(いおう)列島の特産で、国の天然記念物。頭胴長20センチメートル前後、前腕長13~14センチメートル。エラブオオコウモリにみられる淡色の頸斑(けいはん)を欠き、下腿(かたい)部、後足の背面は有毛、上下面とも灰黒褐色で、光沢がある銀白色の毛を混生し、霜降り状、門歯や臼歯(きゅうし)は近似の他種より大きい。かつては小笠原諸島の各島に多数みられたが、いまでは個体数が著しく少なくなっている。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオガサワラオオコウモリの言及

【小笠原諸島】より


[動物]
 陸上動物相はきわめて貧弱である。哺乳類はオガサワラオオコウモリ1種のみで,これはカラスほどの大きさがあり,全身黒色。爬虫類はオガサワラヤモリ,ホオグロヤモリとオガサワラトカゲの3種と帰化したアノールトカゲで,他の地域にも分布している。…

※「オガサワラオオコウモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オガサワラオオコウモリの関連キーワードエラブオオコウモリ小笠原諸島の自然小笠原国立公園父島列島大蝙蝠

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オガサワラオオコウモリの関連情報