コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキシダーゼ 〈ドイツ〉Oxidase

デジタル大辞泉の解説

オキシダーゼ(〈ドイツ〉Oxidase)

酸化還元酵素のうち、酸化反応を促進する酵素。特に、酸素を直接に水素受容体として用いるもの。酸化酵素。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オキシダーゼ

酸化酵素

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

オキシダーゼ【oxidase】

酸化還元酵素のうち、基質から水素を脱離させ、酸素と結合する酸化反応を触媒する酵素の総称。細胞呼吸で、基質からはずれた水素を最終的に酸素に渡して水を生じる反応に重要。酸化酵素。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキシダーゼ

酸化酵素」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキシダーゼ
おきしだーぜ
oxidase

酸化還元酵素の一種。広義には、生物体内にあって酸化反応を触媒する酵素の総称であり、酸化酵素と訳される。狭義には、このうち分子状酸素を直接水素受容体として基質を酸化する反応を触媒する酵素をいう。現在では国際的規約によって、オキシダーゼという名称は後者の場合にだけ用いられる。正式には基質名に酸素オキシドレドクターゼをつけてよばれる酵素群であり、その慣用名としてオキシダーゼという名称が使われる。たとえば、正式名グルコース酸素オキシドレドクターゼの慣用名としてグルコースオキシダーゼという名称が使われる。オキシダーゼの作用によって基質が酸化されると同時に酸素は還元されるわけであるが、その際、酸素が過酸化水素になるものと、水になるものとに大別される。前者の例には、アオカビ類に存在するグルコースオキシダーゼ、生牛乳や肝臓などに存在するキサンチンオキシダーゼ、動物組織中に存在するD-アミノ酸オキシダーゼおよびL-アミノ酸オキシダーゼなどがある。これらの酵素は補欠分子族(補欠分子団)によって分類すると、いずれもフラビン酵素に属する。後者の例としてチトクロムcオキシダーゼ、ラッカーゼp-ジフェノールオキシダーゼ)、カテコラーゼ(o-ジフェノールオキシダーゼ)、アスコルビン酸オキシダーゼなどがある。いずれも鉄、銅などの重金属を含んでいるのが特徴である。チトクロムcオキシダーゼは細胞の呼吸に関与する酵素系のうちで、もっとも酸素に近いところに位置し、「末端酸化酵素」とよばれる重要な酵素である。[飯島道子]
『A・L・レーニンジャー、D・L・ネルソン、M・M・コックス著、山科郁男監修、川嵜敏祐編『レーニンジャーの新生化学』第3版(2002・廣川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオキシダーゼの言及

【酸化還元酵素】より

…また電子伝達系の末端に位置するチトクロム酸化酵素は,ヘム鉄のほかに銅原子を含み,酸素分子を還元してH2Oを形成する反応を触媒する。このように分子状酸素と直接反応し,それを水素受容体とする酵素を,脱水素酵素と区別して酸化酵素(オキシダーゼoxidase)と呼ぶ。酸化酵素には,フラビンを補欠分子団とするものが多い。…

※「オキシダーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オキシダーゼの関連キーワードタンパク質リシン2ポリフェノールオキシダーゼピリドキシンリン酸酸化酵素プロリンヒドロキシラーゼウルシオールオキシダーゼエンザイムイムノアッセイアスコルビン酸酸化酵素免疫ペルオキシダーゼ法ペルオキシダーゼ反応モノオキシゲナーゼ酸化的脱アミノ反応リシルオキシダーゼペルオキシダーゼアルカプトン尿症グアヤコール反応アミノ酸酸化酵素ペルオキシソームポリフェノールアロプリノール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android