コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクリ(送) おくり

世界大百科事典 第2版の解説

おくり【オクリ(送)】

日本音楽の用語。分野によっていろいろの意味に用いられる。まず能では,拍子合のの地拍子において,8拍からなる基本の拍節すなわち本地の間に,例外的に挿入される2拍のクサリをいう。ただし江戸時代には直前または直後に接続する本地と併せた10拍を一クサリとし,それをオクリあるいはオクリ地と称していた。つぎに浄瑠璃には〈オクリ〉あるいは〈なになにオクリ〉と称する旋律型がいろいろある。それらの中では義太夫節のオクリが代表的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオクリ(送)の言及

【三重】より

… 義太夫節には,〈なになに三重〉と称する旋律型があり,いずれも一つの段の中での比較的大きな段落に用いられる。その用法がオクリと似ているために,しばしばオクリと対比される。すなわち,一つの段の途中で床(ゆか)の太夫と三味線が交代するときに,前の場面の最後と次の場面の冒頭で奏されるのであるが,オクリが同一場面で局面だけが変わるときに用いられるのに対し,三重は大道具も変わってしまうときに用いられる。…

【能】より

…これらの場合の拍配置が,基準句の拍配置とどう違ってくるかということについて一定の法則がある。また,どのノリ型も,1句8拍の本地(ほんじ)と称する句を基本としているが,ほかに1句4拍のトリと称する句がまじり,まれには1句6拍の片地(かたじ)や1句2拍のオクリと称する句が置かれている。無拍である拍子不合の謡が大きな部分を占めるのも能の特色である。…

※「オクリ(送)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android