コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オケアノス オケアノスOkeanos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オケアノス
Okeanos

ギリシア神話の神。円形の大地の周囲を環流する巨大な大河の形に想像された,大洋を神格化した存在。太古にガイアウラノスの母子婚から生れたティタン神たちの総領。姉妹のテテュスと結婚し,息子として世界中のすべての川をもうけ,また娘に水のニンフの無数のオケアニデスをもつことにより,あらゆる水の父となり水源となったとされる。ティタンたちがオリュンポスの神々との戦いに敗れたのちも,ゼウスの支配する世界においてその地位を維持した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オケアノス(Ōkeanos)

ギリシャ神話で、水の神。ウラノス(天の神)とガイア(大地の神)の子。大陸を取り巻いて流れる大河または大洋で、すべての河川や海の源と考えられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オケアノス

ギリシア神話で大地を取り巻く大河,また大洋(英語オーシャンoceanの語源),さらにこれらを擬人化した神。ウラノス(天)とガイア(地)の子で,ティタン神族の一人。
→関連項目エレクトラハデス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オケアノス【Ōkeanos】

ギリシア神話で,円盤状と考えられた大地を取り巻く大河。後には島のような大地を浮かべる大洋ともみなされた。冥界との関係も深く,大地の果てで両界を分け隔てていた。神話の系譜上はウラノス(天)とガイア(大地)の息子としてティタン神族の一員であったが,この神族とゼウスとの戦いでは後者にくみし,地位を保全した。海の女神テテュスTēthysとの間に河川やその流域を意味する3000の息子と3000の娘オケアニデスŌkeanidesを生んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オケアノス【Ōkeanos】

ギリシャ神話の水の神。天の神ウラノスと大地の女神ガイアの子で、ティタン神族の一人。妻テテュスとの間にあらゆる河川の神々と三千人の娘を生む。のちには「海」という地理的概念を意味するようになった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オケアノス
おけあのす
keanos

ギリシア神話の水の神。天空神ウラノスと大地の女神ガイアの子で、ティタン神族の一人。オケアノスは、平板な円形の大地を取り巻いて流れる大河または大洋と考えられ、地下を通じて世界のすべての河川や泉とつながっていた。つまり、オケアノスは地の果てであり、ヘスペリデスの園、エリシオンの野、怪物ゲリオン、怪女ゴルゴンなど、不思議な場所や生き物はすべてこの大河の岸辺に置かれているとされていた。しかし、やがて古代人の地理的知識が進歩すると、オケアノスの名はしだいに大西洋のみをさすようになった。オケアノスはテテュスを妻として、すべての河川と3000人の娘たち(オケアニデス)をもうけた。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオケアノスの言及

【川】より

…仙経の伝授の際にも,黄金を川に投じて神々と盟約をとりかわす儀式が行われた。【吉川 忠夫】 古代ギリシア人は,オケアノスという巨大な川が円盤の形をした大地の果てを環のように取り巻いており,世界中の川や泉の水はすべてそこから流れてくると信じていた。その数が3000といわれる地上の川はすべて,男神でもあるオケアノスが妹の水の女神テテュスTēthysを妻にめとって生ませた息子たちで,オケアニデスŌkeanidesと呼ばれるこれも3000人の水の精たちは,その姉妹とされていた。…

※「オケアノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オケアノスの関連情報