コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オケーシー オケーシー O'Casey, Sean

6件 の用語解説(オケーシーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オケーシー
オケーシー
O'Casey, Sean

[生]1880.3.30. アイルランドダブリン
[没]1964.9.18. イギリストーキー
アイルランドの劇作家。本名 John Casey。愛国主義者として青年時代を過ごしたのち,労働運動に身を投じ,やがてアイルランド独立運動を背景に庶民の生活を描いた『銃士の影』The Shadow of a Gunman(1923)によって劇壇に登場。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オケーシー(Sean O'Casey)

[1880~1964]アイルランドの劇作家。労働運動・独立運動にも参加、貧民生活を写実的に描いた。作「革命戦士の影」「ジュノーと孔雀(くじゃく)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オケーシー

アイルランドの劇作家。ダブリンの貧民街に生まれ,労働運動や独立運動を体験,暴動を扱った《狙撃者の影》(1923年)で認められる。民衆喜劇《ジュノーと孔雀》(1924年),《鋤と星》(1926年)に次いで表現主義的な《銀の杯》(1928年)があり,ほかに《おんどり》(1949年)など。
→関連項目アベー座

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オケーシー【Sean O’Casey】

1880‐1964
アイルランドの劇作家。ダブリンのスラム街に生まれ,貧窮の中に育つ。内乱時のアイルランドをリアリスティックに描いた《狙撃者の影》(1923初演),ダブリンのスラム街を舞台にした《ジューノーとクジャク》(1924初演),自ら参加した1916年のイースター蜂起を扱った《鋤と星》(1926)などによって地位を確立。これらはすべてアベー座で上演されたが,《鋤と星》で登場人物の愛国者を批判的に描写したため観客の怒りをかい,イギリスへ去り,そのまま帰国しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オケーシー【Sean O'Casey】

1880~1964) アイルランドの劇作家。独立運動や貧民の生活に取材した写実的な劇を書いた。著「ジュノーと孔雀」「鋤と星」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オケーシー
おけーしー
Sean O'Casey
(1880―1964)

アイルランドの劇作家。ダブリンのスラム街に住む子だくさんな新教徒の末子として生まれる。早く父を亡くして以後、雑役などで働き、労働運動や祖国のイギリス支配からの独立運動に参加、名もJohnから民族風に改めた。ほとんど独学で自由に聖書に親しみ、シェークスピアを読み、あるいは演じたが、政治の党派性に幻滅したのち、本格的に劇作に取り組んだ。劇作家のグレゴリー夫人Lady Isabella Augusta Gregory(1852―1932)やイェーツの助言で、スラム生活に取材して人物造形に努力した4本目の『革命戦士(ガンマン)の影』(1923)が、アイルランド近代劇のメッカ、ダブリンのアベイ劇場で上演され、次の『ジュノーと孔雀(くじゃく)』(1924)は大好評で、劇場の財政にも寄与した。『鋤(すき)と星』(1926)では客席で支持者と批判派との乱闘までみられたが、写実的傾向から表現主義的作風に傾いた『銀杯』(1928)は劇場側から上演を拒否された。そのため故国の民衆を愛しつつも、冷静な観察者でもある彼は、仕事の場を求めて、イギリス永住を決意した。『銀杯』は翌1929年にロンドンで初演され、のちアベイ劇場でも上演された。以後の作品には『紅塵(こうじん)』(1940)、『僧正のかがり火』(1955)などがある。シングの後継者と目され、激変期のアイルランドでの体験に基づき、故国の伝説、キリスト教、マルクスなどの影響の下に、笑いと悲しさ、怒りと哀れみの分かちがたい作風で生と死の力のせめぎあいを描き、『扉を叩(たた)く』以下全6巻の自伝(1939~1954)も残した。[森 康尚]
『W・A・アームストロング著、小田島雄志訳『オケイシイ』(1971・研究社出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオケーシーの言及

【アイルランド文学】より

…この作品は仮借ない観察と戯画のゆえに,初演当時は観衆の反感をかったが,その後のアイルランド演劇の基本的な性格を内蔵している。10年代に入るとロビンソンEsmé Stuart Lennox Robinson(1886‐1958)らの農民写実劇が主流をしめ,20年代にはショーン・オケーシーが《狙撃者の影》(1923初演),《ジューノウと孔雀》(1924初演),《鋤と星》(1926初演)において,対英抗争と内乱の時代を背景に,貧民街労働者たちの悲喜劇を描いて新たな活力を吹きこんだ。イェーツは中期以後も《鷹の井戸》(1916初演)など,日本の能の手法を取り入れた象徴的な伝説劇や寓意劇を書き続け,また演劇活動や内乱時代の体験をふまえて《塔》(1928),《螺旋階段》(1933)など優れた詩集を発表して,世界的な名声を得たが,その中核にはつねにケルト族の神話・伝説が存在している。…

※「オケーシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オケーシーの関連キーワードアイルランドダブリンワンスアイスランド・スプリングアイルランド国立交響楽団アイルランドの子守唄ONCE/ダブリンの街角でアイルランド[島]アベー座グレゴリー夫人

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone