コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オストワルトの希釈律 オストワルトのきしゃくりつOstwald's dilution law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オストワルトの希釈律
オストワルトのきしゃくりつ
Ostwald's dilution law

2個のイオンに電離する弱電解質水溶液の濃度c (単位 mol/l ) とし,この弱電解質1モルのうちαモルが電離するとき,それぞれのイオンの濃度は cα ,未解離の弱電解質の濃度は c(1-α) となるから質量作用の法則を適用すれば α2/[(1-α)V]=K で表わされる定数 K を得る。ただし V は 1/c ,温度は一定とする。オストワルトの希釈律は,濃度に関係なくこれらの関係式が成立するという法則である。α,K ,および V をそれぞれ電離度電離定数希釈度という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オストワルトの希釈律【オストワルトのきしゃくりつ】

単に希釈律とも。電解質溶液の希釈度(溶質1モルが含まれる溶液の体積をリットルで表した数)Vと電離度αとの間にα2/(1−α)V=Kの関係が成り立つという法則。Kは温度一定ならば電解質の種類によらず一定で電離定数という。1888年W.オストワルトが発見。質量作用の法則を電離平衡に適用して得られる。弱電解質の希薄溶液ではよく合うが,強電解質溶液の場合には成立しない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オストワルトのきしゃくりつ【オストワルトの希釈律 Ostwald’s dilution law】

溶液中における電解質の電離平衡についてF.W.オストワルトが提出した法則(1888)で,〈質量作用の法則〉を電離平衡に適用したものである。それによると,たとえば2個のイオンに解離する弱電解質MAの電離平衡 MA⇄M+Aにおいて,溶液の希釈度をV,電離度をαとすると α2/(1-α)VKの関係が成立する。ここでKは,温度と圧力とをきめれば一定の定数であって,これを電離定数electrolytic dissociation constantという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オストワルトの希釈律
おすとわるとのきしゃくりつ
Ostwald dilution law

電解質溶液の希釈度(濃度)と電離度との関係についてドイツのF・W・オストワルトが1888年にみいだした法則。単に希釈律ともいう。電解質溶液を希釈していくと、水に溶けた電解質分子が電離してイオンになる度合い(電離度)がしだいに大きくなる。電離していない電解質分子と電離したイオンの間には平衡(電離平衡)が成立し、質量作用の法則が適用される。これが希釈律である。たとえば、酢酸の場合、これを水に溶かすと、酢酸分子の一部はイオンになり電離平衡に達する。
  CH3COOHH++CH3COO-
質量作用の法則を適用すると([ ]は濃度を示す)、

あるいは

Vをとって希釈度とよび

と表すこともある。ここでKは電離定数、cは電解質濃度、αは電離度を表す。オストワルトはα=Λ/Λ(無限に希釈したときの溶液の電気伝導度をΛ、ある濃度のときのそれをΛとする)としたときに相当するKΛ2c/Λ(ΛΛ)が、弱電解質の希薄溶液の実験結果とよくあうことをみいだした。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オストワルトの希釈律の関連キーワードオストワルト(Friedrich Wilhelm Ostwald)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android