コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オタマジャクシ

2件 の用語解説(オタマジャクシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オタマジャクシ

カエルの幼生。頭胴部は丸みを帯び,四肢を欠くが,尾は側扁して発達する。魚類によく似た生理的機能をもって水中生活に適し,常に鰓(えら)で呼吸。成熟すると,変態してまず後肢が,次に前肢が生じ,尾は次第に体内に吸収されて消失。
→関連項目幼生

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オタマジャクシ
おたまじゃくし / 蝌蚪・御玉杓子
tadpole

両生綱無尾目に属するカエルの幼生名。普通のカエルの胚(はい)は卵形の頭胴部と長い尾をもった形で孵化(ふか)し、水中生活を始める。この時期から、えらと尾を失って成体に変態するまでの段階をよぶ。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオタマジャクシの言及

【カエル(蛙)】より

…無尾目Anuraに属する両生類の総称で,成体は完全に変態し幼生(いわゆるオタマジャクシ)とは形態を異にする。英名は一般にはfrogであるが,ヒキガエルのような外観のものをtoadと呼ぶことが多い。…

【幼生】より

…(5)昆虫の幼虫 この幼生は,体制の進化的な位置づけの基準となる中胚葉の発生や存在様式,変態の様式などにおいて,他の節足動物とは著しく違っている。大きさも両生類のオタマジャクシ幼生に次いで巨大であり,肉眼でみられるのはこの両者だけである。このような特徴は陸上生活への適応の結果とみることができ,進化的にも示唆に富んだ存在である(図5)。…

※「オタマジャクシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オタマジャクシの関連キーワード老年期地形赤ら潤目鰯毛蟹聖護院大根州浜草平鯛斑蝶子宮体部ピロー・ローブ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オタマジャクシの関連情報