コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトラント オトラント Otranto

4件 の用語解説(オトラントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトラント
オトラント
Otranto

イタリア南部,プーリア州レッチェ県の海港。タラント東南東約 115km,イタリア最東端の町。主要な東海岸道路に面し,古代ギリシア人の築いた港でヒュドロスと呼ばれ,ギリシアとの交易港ブルディシウム (ブリンディジ) に次ぐローマで最重要の港であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オトラント(Otranto)

イタリア南部、プーリア州の港町。アドリア海オトラント海峡に面し、イタリア半島最東端に位置する。古代ギリシャ植民都市が置かれ、古代ローマ時代はヒドルントゥムと呼ばれていた。11世紀から15世紀にかけて、交易の拠点として栄えた。1480年から翌年にかけて、オスマン帝国ナポリ王国との間で行われた「オトラントの戦い」の舞台になった。旧市街には11世紀建造のオトラント大聖堂ビザンチン様式フレスコ画があるサンピエトロ教会などの歴史的建造物が残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オトラント【Otranto】

イタリア南東部,プーリア州レッチェ県の町。人口4811(1981)。イタリア最東端の町で,オトラント海峡に臨む。古称ヒュドルントゥムHydruntumノルマン人の支配下で,東方貿易十字軍の出発港として栄えた。その後トルコの脅威にさらされて衰退し,この一帯は湿地化したが,灌漑の結果,穀物,野菜,牧草を中心とする農業地域となり,漁業も盛んである。城壁に囲まれた旧市街には東方の影響が強く,モザイクで名高い大聖堂(11世紀)などが残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オトラント
おとらんと
Otranto

イタリア南部、プーリア州レッチェ県にあり、オトラント海峡に臨むイタリア最東端の町。人口5273(2001国勢調査速報値)。古代ギリシアの植民地として発足。古名ヒドルントゥムHydruntum。11~15世紀には、地の利を生かして商業港として繁栄した。現在では農業と漁業が中心的産業となっている。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オトラントの関連キーワードアンドリアバーリアドリアノープルイタリア半島イタリアンサンニコラ教会バリ大聖堂プーリアカステル-デルモンテプーリア[州]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オトラントの関連情報