コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトラント オトラントOtranto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトラント
Otranto

イタリア南部,プーリア州レッチェ県の海港。タラント東南東約 115km,イタリア最東端の町。主要な東海岸道路に面し,古代ギリシア人の築いた港でヒュドロスと呼ばれ,ギリシアとの交易港ブルディシウム (ブリンディジ) に次ぐローマで最重要の港であった。 12世紀に建てられ,15世紀末に改築されたモザイクの美しい聖堂やビザンチン時代のサンピエトロ聖堂は名高い。 1480年オスマン帝国メフメット2世軍により破壊され,交易港としての地位を失った。第2次世界大戦中は重要な基地となった。現在は,漁港,海水浴場,農産物の集散地。 H.ウォルポールゴシック小説オトラント城奇譚』で有名になった。人口 5152 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オトラント(Otranto)

イタリア南部、プーリア州の港町。アドリア海オトラント海峡に面し、イタリア半島最東端に位置する。古代ギリシャ植民都市が置かれ、古代ローマ時代はヒドルントゥムと呼ばれていた。11世紀から15世紀にかけて、交易の拠点として栄えた。1480年から翌年にかけて、オスマン帝国ナポリ王国との間で行われた「オトラントの戦い」の舞台になった。旧市街には11世紀建造のオトラント大聖堂ビザンチン様式フレスコ画があるサンピエトロ教会などの歴史的建造物が残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

オトラント【Otranto】

イタリア南東部,プーリア州レッチェ県の町。人口4811(1981)。イタリア最東端の町で,オトラント海峡に臨む。古称ヒュドルントゥムHydruntumノルマン人の支配下で,東方貿易十字軍の出発港として栄えた。その後トルコの脅威にさらされて衰退し,この一帯は湿地化したが,灌漑の結果,穀物,野菜,牧草を中心とする農業地域となり,漁業も盛んである。城壁に囲まれた旧市街には東方の影響が強く,モザイクで名高い大聖堂(11世紀)などが残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オトラント
おとらんと
Otranto

イタリア南部、プーリア州レッチェ県にあり、オトラント海峡に臨むイタリア最東端の町。人口5273(2001国勢調査速報値)。古代ギリシアの植民地として発足。古名ヒドルントゥムHydruntum。11~15世紀には、地の利を生かして商業港として繁栄した。現在では農業と漁業が中心的産業となっている。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オトラントの関連情報