コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヒキコウモリ オヒキコウモリTadarida insignis; Oriental wrinkled-lipped bat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オヒキコウモリ
Tadarida insignis; Oriental wrinkled-lipped bat

翼手目オヒキコウモリ科。前腕長5~6cm,体長 8cm内外。体はこげ茶色。尾が長く,膜外に突き出る。尾を引きずって歩くことがあるのでその名がある。耳介は丸くて大きい。翼は狭長で,高空高速度で飛翔することができる。日本,朝鮮半島,ウスリー地方,中国に分布するが,日本での採集の記録はきわめて少く,漁船の中,人家に積上げられたたきぎの間などで捕えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オヒキコウモリ【free‐tailed bat】

長い尾を引きずって地上を敏しょうに歩く翼手目オヒキコウモリ科オヒキコウモリ属Tadaridaに属する哺乳類の総称。世界の熱帯から温帯に広く分布し,約50種が知られる。その中のアジアオヒキコウモリ(オヒキコウモリ)T.insignisは,国外ではシベリア,朝鮮半島,中国に,国内では北海道,本州,四国,九州に分布するが,日本ではこれまで10頭しか採集されていない稀種(きしゆ)で,日本に定住するものではなく,迷って渡来したものではないかともいわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オヒキコウモリの関連キーワードマンモスアジアオヒキコウモリ翼手類

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android