コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オペラ・ハウス オペラ・ハウスopera house

翻訳|opera house

2件 の用語解説(オペラ・ハウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オペラ・ハウス
オペラ・ハウス
opera house

オペラあるいはそれに類するものを上演するために造られた劇場で,広い舞台の前には管弦楽用のボックスをもつ。一般に歌手,合唱団,管弦楽団が所属している。 1637年,ベネチアで設立されたサンカシアーノ劇場がその最初。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オペラ・ハウス
おぺらはうす
opera house

歌劇場ともいう。オペラオペレッタバレエを上演することを目的としてつくられた劇場とそれに付随した組織。最初の公開のオペラ・ハウスは1637年に開設されたベネチアのサン・カシアーノ劇場である。それ以前のオペラ上演は、宮廷や貴族の邸宅の広間や宮廷内の普通の劇場で、貴族など限定された聴衆の前で行われた。また19世紀までは宮廷がオペラ・ハウスをもつ例も多かった。
 18世紀には、ヨーロッパの主要都市のほとんどに公開のオペラ・ハウスが存在し、主要な作曲家はオペラの作曲に主眼をおいた。以来ヨーロッパの音楽生活の核であるばかりでなく、社交、外交の場としても重要な役割を果たした。現在、ウィーン、ミュンヘン、ベルリン、パリ、ロンドン、ニューヨークなどには複数のオペラ・ハウスがある。今日の代表的なオペラ・ハウスは、ウィーン国立歌劇場、ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場、ベルリン国立歌劇場、パリ・オペラ座、ロンドンのコベント・ガーデン王立歌劇場、ミラノ・スカラ座、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場などである。これらのオペラ・ハウスは、歌劇場そのもののほかに、練習場、いくつものオペラを同時期に交互に上演するための大道具の倉庫などの設備をもち、専属の管弦楽団、合唱団、バレエ団を有している。また専属の技術スタッフ、衣装や舞台美術の工房、さらにバレエ団員などの養成部門をもつ場合もある。日本では、1990年代に欧米のオペラ・ハウスと同等の舞台機構をもった劇場が相次いで建設された。また、1997年(平成9)には専属の楽団などはもたないものの、渋谷区本町の東京オペラシティ街区に新国立劇場が開館した。日本初のオペラ上演を主目的とした国立劇場である。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オペラ・ハウスの関連情報