コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランダ正月 オランダしょうがつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランダ正月
オランダしょうがつ

江戸時代,蘭学者大槻玄沢 (磐水) が始めた,洋暦の新年を祝う会合のこと。新元会ともいう。江戸京橋水谷町の芝蘭堂 (しらんどう) で寛政6 (1794) 年閏 11月1日にヒポクラテスの像を飾り,29人の蘭学者が集まり飲食して「蘭学会盟」の由来などを寄せ書きしたのが始めで,大槻家はその後 1873年の改暦の年まで毎年この会合を続けた。早稲田大学に『芝蘭堂新元会図』があり,森銑三に『おらんだ正月』の著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オランダ‐しょうがつ〔‐シヤウグワツ〕【オランダ正月】

太陽暦の正月。江戸後期、寛政6年閏11月11日(1795年1月1日)、蘭学者の大槻玄沢(おおつきげんたく)が太陽暦による新年を祝ったのに始まる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オランダ正月【オランダしょうがつ】

江戸の蘭学者たちが太陽暦の元旦を祝って開いた会合。寛政6年閏(うるう)11月11日(1795年1月1日)京橋水谷町の大槻玄沢(おおつきげんたく)の家塾芝蘭(しらん)堂で開かれたのが最初で,新元会と称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オランダしょうがつ【オランダ正月】

江戸期に,オランダ人や蘭学者が中心となって太陽暦で正月を祝った賀宴。長崎出島蘭館で,在留オランダ人が,キリスト教禁令下のためクリスマスを表立って祝うことができなかった代りに,日本の風習の冬至祭になぞらえて〈オランダ冬至〉を,また太陰暦の正月の祝をまねて太陽暦で洋式賀宴を開き,日本人役人や通詞(つうじ)(通訳官)らを招いていた。これがオランダ正月で,日本人の間にもひろまり,長崎出島の通詞の吉雄耕牛宅の2階洋間で開かれた賀宴に出席したことのある江戸の蘭学者大槻玄沢(おおつきげんたく)が,江戸参府のオランダ人と最初の対談経験をもった年の寛政6年閏11月11日が西暦1795年1月1日に当たることから,江戸の自宅蘭学塾(芝蘭(しらん)堂)に蘭学の同志を招き芝蘭堂新元会を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オランダしょうがつ【オランダ正月】

太陽暦の正月。 〔蘭学者大槻玄沢が寛政6年閏11月11日が太陽暦の元日にあたったので、「新元会」と称して祝賀の宴を行なったことに始まる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

オランダ正月の関連キーワード鷹見泉石

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オランダ正月の関連情報