コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝蘭堂 しらんどう

世界大百科事典 第2版の解説

しらんどう【芝蘭堂】

江戸後期の蘭方医学者大槻玄沢(おおつきげんたく)(磐水)の蘭学塾名。1786年(天保6)5月長崎遊学から江戸に帰った玄沢は,いったん杉田玄白宅に身を寄せ,のち京橋1丁目,8月本材木町に単身居を構えた。この年の冬には幽蘭堂の名を用いているが,堂号なのか塾名なのか明らかでない。帰郷して母と妻子を伴ったのが翌年12月であり,88年8月に三十間堀4丁目に転居しているので,このころから芝蘭堂と改名し開塾したものであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しらんどう【芝蘭堂】

江戸中・後期の蘭学者大槻玄沢おおつきげんたくが江戸本材木町に開いた蘭学塾。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芝蘭堂
しらんどう

大槻玄沢(おおつきげんたく)が開いた蘭学塾。杉田玄白(げんぱく)、前野良沢(りょうたく)に蘭学を学んだ玄沢は、長崎に遊学しオランダ語を学び、1786年(天明6)江戸に戻り、仙台藩の藩医に登用され、江戸・本材木(ほんざいもく)町(東京都中央区)に住み、同時に塾を開き芝蘭堂と号した。その門人帳によれば、1789年(寛政1)より1826年(文政9)の間の門人は94人を数え、その出身は全国各地に及び、芝蘭堂は蘭学の一大中心をなした。芝蘭堂での蘭学教育入門書として玄沢が著したものが『蘭学階梯(かいてい)』である。また寛政(かんせい)6年閏(うるう)11月11日、蘭学者たちが太陽暦の新年1795年を祝ったようすが『芝蘭堂新元会図』として残されている。[沼田 哲]
『沼田次郎著『洋学伝来の歴史』(1960・至文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の芝蘭堂の言及

【大槻玄沢】より

…江戸後期の蘭学者。陸中西磐井郡中里に医家の長子として生まれ,幼名は陽吉,のち元節,さらに茂質(しげかた)と改名,字は子煥,黒沢の地にちなみ玄沢と通称,磐井川辺の地名にちなんで磐水と号し,堂号を幽蘭堂のち芝蘭堂(しらんどう)といった。父玄梁が仙台藩の支藩一関藩医に出仕後,同藩の同僚建部清庵門に入り,清庵の三男亮策が杉田玄白門に入ったのに刺激されて,請うて玄白に入門,前野良沢についてオランダ語を学び,さらに長崎に遊学して本木良永らに交わって語学力を深めた。…

※「芝蘭堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

芝蘭堂の関連キーワード日本の医学史(年表)阿蘭陀正月江馬蘭斎稲村三伯中伊三郎山村才助鳴滝塾湊長安

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android