コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オラー オラー Olah, George Andrew

2件 の用語解説(オラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オラー
オラー
Olah, George Andrew

[生]1927.5.22. ハンガリーブダペスト
ハンガリー生れのアメリカの化学者。 1949年ブダペスト工科大学で博士号を取得。その後同大学で教鞭をとり,54年ハンガリー科学アカデミー中央研究所副部長に就任したが,56年ハンガリー動乱でアメリカに移住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オラー
おらー
George A. Olah
(1927― )

アメリカの有機化学者。ハンガリーのブダペストに生まれる。1949年ブダペスト工科大学で博士号を取得。フッ素に興味をもち、そのままブダペスト工科大で研究を続ける。1954年ハンガリー科学アカデミー会員。1956年に起きたハンガリー動乱を機に、研究拠点を北アメリカに移す。1957年ダウ・ケミカルに研究員として就職、カナダを経てアメリカに渡る。1950年代後半、安定なカルボカチオンcarbocation(カルボニウムイオンとも。C+、炭素陽イオン)の研究に着手し、1960年代初めに、超強酸を用いて、安定なカルボカチオンを捕えることに成功した。1965年ケース・ウェスタン・リザーブ大学教授、1977年から南カリフォルニア大学教授。
 有機化学反応においては、反応の途中に中間体とよばれる分子状態を経ると考えられていたが、中間体の寿命はひじょうに短いうえに反応性に富むため、その存在は理論上のもので実際はよくわかっていなかった。カルボカチオンもそうした理論上の中間体の一つであったが、オラーの研究により存在が実証され、中間体研究に道を開いた。この功績により、1994年にノーベル化学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オラーの関連キーワードハンガリー動乱オーストリアハンガリー帝国スンガリーハンガリー狂詩曲ハンガリー幻想曲ハンガリー国立歌劇場管弦楽団ハンガリー国立交響楽団ハンガリー舞曲集ハンガリー国立バレエ団ハンガリー岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オラーの関連情報