オリエンテーション(英語表記)orientation

翻訳|orientation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オリエンテーション」の解説

オリエンテーション
orientation

社会学などで社会的行為を分析するための基礎概念。行為が状況に対していだく方向づけ,志向性のことをいう。つまり,行為者のもつ目的,状況規定,目的達成のための手段系に関して,行為者がいだく概念化作用のことで,分析的には心理学的動機づけとしての「動機志向」 motivational orientationと文化的価値の側面からの「価値志向」 value orientationに区別される。 T.パーソンズ前者に認知的,カセクシス的,評価的の3様式をあげている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「オリエンテーション」の解説

オリエンテーション(orientation)

《「方向づけ」の》新しい環境などに人を順応させるための教育指導。特に、学校・会社などで、新しく入った者に対し、組織の仕組み・ルール学習や仕事の進め方などについて説明すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「オリエンテーション」の解説

オリエンテーション

〘名〙 (orientation 「方向づけ」の意)
① 進路、方針を決定すること。また、その説明。
※鳥獣戯話(1960‐62)〈花田清輝〉三「あいにく、カルモナには、オリエンテーションの能力が、まるでないのである」
② 学校、会社などに新たにはいって来た人たちに対する説明、講習。ガイダンス。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉泣いてパリに馬謖を斬る「オリエンテーションの日程、テーマの予定表を作成して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「オリエンテーション」の解説

オリエンテーション
おりえんてーしょん
orientation

ガイダンス生徒指導)の一領域で、新入学生に対して、単位履修の決まりや課外活動の内容や学校の年間の主要な行事など、学校生活全般について入学時に行う指導をいう。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android