コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリエンテーション オリエンテーションorientation

翻訳|orientation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリエンテーション
orientation

社会学などで社会的行為を分析するための基礎概念。行為者が状況に対していだく方向づけ,志向性のことをいう。つまり,行為者のもつ目的,状況規定,目的達成のための手段系に関して,行為者がいだく概念化作用のことで,分析的には心理学的動機づけとしての「動機志向」 motivational orientationと文化的価値の側面からの「価値志向」 value orientationに区別される。 T.パーソンズは前者に認知的,カセクシス的,評価的の3様式をあげている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オリエンテーション(orientation)

《「方向づけ」の意》新しい環境などに人を順応させるための教育指導。特に、学校・会社などで、新しく入った者に対し、組織の仕組み・ルール、学習や仕事の進め方などについて説明すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

オリエンテーション【orientation】

方位。方位測定。指標。
自己と新しい環境および過去との関係を正しく認識する精神作用。見当識。所在識。自己の位置づけ。
新しい環境への適応・順応。
学校・会社などの組織で、新入者がそこでの生活・活動に早く適応できるようにはからうこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オリエンテーション
おりえんてーしょん
orientation

ガイダンス(生徒指導)の一領域で、新入学生に対して、単位履修の決まりや課外活動の内容や学校の年間の主要な行事など、学校生活全般について入学時に行う指導をいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オリエンテーションの関連情報