コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルニチン ornithine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルニチン
ornithine

略号 Orn ,化学式は H2N(CH2)3CH(NH2)COOH 。塩基性α-アミノ酸の一つである。L体は融点 140℃ (軟化点 120℃) の無色の結晶。蛋白質の構成成分としては含まれていないが,蛋白質のアルカリによる加水分解アルギニンが分解して尿素とともに生成する。生体内では尿素生成の中間体として重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

オルニチン【ornithine】

塩基性アミノ酸の一。タンパク質には含まれない。生体内ではオルニチン回路の中間体として尿素生成の促進作用をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルニチン
おるにちん
ornithine

アミノ酸の一つ。塩基性アミノ酸。L-オルニチンは遊離状で広く動物、植物、微生物にみいだされるが、タンパク質の構成成分としてはみいだされず、ペプチド抗生物質のチロシジン、グラミシジンに存在する。高等動物の生体内代謝では、尿素回路の一員として、アミノ基あるいはアンモニアから尿素を生成して体外へ排出する経路で重要な役割を果たしている。すなわちアルギニンからアルギナーゼの働きで尿素とオルニチンが生成され、シトルリンを経て、アルギニンを再生する。また生体内でグルタミン酸、プロリンと相互に変わりうる。D-オルニチンはペプチド抗生物質グラミシジン、バシトラシンに存在する。化学式はNH2(CH2)3CH(NH2)COOHで分子量132.17。融点140℃。水に溶けやすい。[降旗千恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオルニチンの言及

【アルギナーゼ】より

…尿素生成反応を触媒する酵素。ヒトをはじめ哺乳類,両生類の肝臓,腎臓などに含まれ,尿素回路の一員として働き,アルギニンを分解してオルニチンと尿素を生成する。尿素を窒素代謝の最終産物として排出するこれらの動物以外にも硬骨魚類や植物,酵母,カビ類にも含まれる。…

※「オルニチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オルニチンの関連キーワードクレブス(Sir Hans Adolf Krebs)オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼキリン休む日のAlc.0.00%リシン2キリン 大人のキリンレモンハンス・アドルフ クレブスキリン ウコン[ダブル]リシンタンパク質不耐症テトラメチレンジアミンキリン アミノサプリCクレプスの尿素サイクルオルニチン脱炭酸酵素オルニチン発酵アスパラギン酸プトマイン中毒シスチン尿症プトレッシン尿素終末性プトマイン菅沢重彦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android