コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尿素回路 にょうそかいろurea cycle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尿素回路
にょうそかいろ
urea cycle

クレブズ・ヘンゼライト回路,あるいはオルニチン回路ともいう。アミノ酸の分解によって作り出されるアンモニアを,毒性の低い尿素にするために機能する代謝サイクルをいう。尿素は肝臓で生成され,腎臓で排泄されるが,肝臓での尿素生成は,H.A.クレブズと K.ヘンゼライトによって 1932年に提唱された回路で行われる。すなわち,オルニチン,シトルリン,アルギニンの経路を経て二酸化炭素 ( CO2 ) とアンモニア ( NH3 ) が尿素に合成される。その後,カルバミルリン酸から始められ,またアルギノコハク酸が途中に関与することが確かめられて,エネルギー必要過程も明らかとなり,現在の回路が完成された。各酵素が遺伝的に欠損すると,いずれも尿素の合成が抑えられて高アンモニア血症が生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

尿素回路【にょうそかいろ】

オルニチン回路とも。肝臓で尿素が生合成される一連の反応経路をいう。1932年クレブス,ヘンスライトが発見。反応は大きく3段階に分かれ,オルニチンにアンモニアと二酸化炭素が反応して,カルバモイルリン酸を経てシトルリンを形成。
→関連項目アスパラギン酸クレブスタンパク(蛋白)質尿素ビオチン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にょうそかいろ【尿素回路 urea cycle】

オルニチン回路ornithine cycleともいう。哺乳類などの生物が,体内で生成されたアンモニアと二酸化炭素を用いて尿素を生成する回路を指し,肝臓に存在する。イギリスのH.A.クレブスらが肝臓の切片を用いて尿素生成の実験を行っていた際に,オルニチンが尿素生成を促進することを見いだし,これをきっかけとして,以下のような尿素回路を解明した(1932)。(1)カルバモイルリン酸合成酵素の作用で,アンモニアと二酸化炭素からまずカルバモイルリン酸が合成されるが,同時に2分子のATPが消費される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の尿素回路の言及

【クレブス】より

…ゲッティンゲン大学卒業後,O.H.ワールブルクの門に入り,呼吸酵素を研究。フライブルク大学に移って(1932),哺乳類などで尿素回路(オルニチン回路)を明らかにした(1933)。これは酵素のサイクル反応によって,アンモニアが尿素として放出される過程である。…

※「尿素回路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尿素回路の関連キーワードグルタミン酸尿素サイクルアルギナーゼ窒素同化

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android