コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尿素回路 にょうそかいろ urea cycle

5件 の用語解説(尿素回路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尿素回路
にょうそかいろ
urea cycle

クレブズ・ヘンゼライト回路,あるいはオルニチン回路ともいう。アミノ酸の分解によって作り出されるアンモニアを,毒性の低い尿素にするために機能する代謝サイクルをいう。尿素は肝臓で生成され,腎臓で排泄されるが,肝臓での尿素生成は,H.A.クレブズと K.ヘンゼライトによって 1932年に提唱された回路で行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にょうそ‐かいろ〔ネウソクワイロ〕【尿素回路】

オルニチン回路

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尿素回路【にょうそかいろ】

オルニチン回路とも。肝臓で尿素が生合成される一連の反応経路をいう。1932年クレブス,ヘンスライトが発見。反応は大きく3段階に分かれ,オルニチンにアンモニアと二酸化炭素が反応して,カルバモイルリン酸を経てシトルリンを形成。
→関連項目アスパラギン酸クレブスタンパク(蛋白)質尿素ビオチン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にょうそかいろ【尿素回路 urea cycle】

オルニチン回路ornithine cycleともいう。哺乳類などの生物が,体内で生成されたアンモニアと二酸化炭素を用いて尿素を生成する回路を指し,肝臓に存在する。イギリスのH.A.クレブスらが肝臓の切片を用いて尿素生成の実験を行っていた際に,オルニチンが尿素生成を促進することを見いだし,これをきっかけとして,以下のような尿素回路を解明した(1932)。(1)カルバモイルリン酸合成酵素の作用で,アンモニアと二酸化炭素からまずカルバモイルリン酸が合成されるが,同時に2分子のATPが消費される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にょうそかいろ【尿素回路】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の尿素回路の言及

【クレブス】より

…ゲッティンゲン大学卒業後,O.H.ワールブルクの門に入り,呼吸酵素を研究。フライブルク大学に移って(1932),哺乳類などで尿素回路(オルニチン回路)を明らかにした(1933)。これは酵素のサイクル反応によって,アンモニアが尿素として放出される過程である。…

※「尿素回路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尿素回路の関連キーワードオルニチンオルニチン回路L-カルニチンD-カルニチンキリン ウコンとしじみ900個分のオルニチンアシルカルニチンオルニチンカルバモイルトランスフェラーゼオルニチン脱炭酸酵素オルニチントランスカルバミラーゼ尿素サイクル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone