コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルバース Olbers, (Heinrich) Wilhelm (Matthäus)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルバース
Olbers, (Heinrich) Wilhelm (Matthäus)

[生]1758.10.11. アルベルゲン
[没]1840.3.2. ブレーメン
ドイツの天文学者,医者。ブレーメンで開業するかたわら (1781) ,自宅の最上階に天文観測所をつくり観測,研究に励んだ。彗星の軌道を計算する新しい方法 (79) ,彗星の尾が太陽の放射圧によって常に太陽と反対側に伸びること (1811) ,オルバース彗星の発見 (15) など彗星研究に寄与した一方,小惑星群の正体を明らかにし (02) ,みずからパラス (02) ,ベスタ (07) の2小惑星を発見。またオルバースのパラドックスを提唱し,その後の宇宙構造理論,宇宙膨張説形成に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オルバース

ドイツの医師,天体観測家。1779年すい星軌道の新計算法を考案。小惑星第2号パラス(1802年),第4号ベスタ(1807年)のほか7個のすい星を発見。1826年〈無限個の星が一様に分布するなら夜空は明るく輝くことになる〉というオルバースのパラドックスを提起。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オルバース【Heinrich Wilhelm Matthäus Olbers】

1758‐1840
ドイツの天文学者。1778‐80年ゲッティンゲン大学で医学を修め,81年から約40年間,開業医として生地のブレーメンに居住した。しかし医業のかたわら,天文学の研究に情熱を燃やし,早くも1779年にすい星の放物線軌道の構想を得て,後に《すい星軌道計算法》(1797)を出版した。その付録には87個のすい星軌道の一覧表を載せた。オルバースは7個の新すい星を発見したが,とくに1815年に発見したものは,周期69年の周期すい星で,彼の名をもって呼ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルバース
おるばーす
Heinrich Wilhelm Matthus Olbers
(1758―1840)

ドイツの医者、天文学者。ブレーメン近郊で生まれる。1777年にゲッティンゲンへ行き、医学とともに天文学を学んだ。その地の天文台で台長ケストナーAbraham Gotthelf Kstners(1719―1800)の影響で彗星(すいせい)に興味をもつ。1781年、医学の学位を取得、ブレーメン近郊で開業したが、生涯天文観測を続けた。1796年、新しい彗星を発見した際、その軌道に対して、短時間のうちに3回彗星を観測して軌道を推定するという独自の方法を適用して、これまでの近似を繰り返して放物線の軌道を推定するラプラスの方法より簡単であることを立証した。そのことにより19世紀の間、オルバースの方法が軌道計算に使われた。また、小惑星の探査でも多大な貢献をしており、1802年1月、最初の発見後行方不明となっていたケレスを再発見し、同年3月にパラス、1807年にベスタを発見している。彗星探査においては7個の彗星を発見している。そして、彗星の観測・研究から、星間は真空でなく、物質がある程度あると想定し、さらに、オルバースの背理を1823年に提起した。これは、宇宙に星が一様に分布しているなら、夜空は明るくなるはずなのに、なぜ暗いのか、というもので、オルバースは遠くからの星の光は星間物質に吸収されて暗くなると考えた。しかし、この説は星間物質が光を吸収することにより、白熱してエネルギーを再放出し、また輝き出すということで、解答とはならないとされた。現在では宇宙の膨張と宇宙の年齢の有限性によってオルバースの背理の解答が説明されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオルバースの言及

【宇宙】より

… 先にふれたように18世紀中ごろにライトやカントによって島宇宙説が示唆されたのに続き,銀河系のような星雲が果てしない空間に一様に分布しているという無限宇宙論が支持を広げた。そんな中でドイツのH.W.M.オルバースは無限宇宙に対する有名なパラドックスを発表した(1826ころ)。これは,われわれのまわりに平均して同じ明るさの天体が一様に無限の空間に分布していると,宇宙は無限に明るく見えねばならないというものである(彼は天体として恒星を考えたが,銀河を考えても同じである)。…

※「オルバース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オルバースの関連キーワードC.V.L. シャーリエ元素発見史(年表)天文学史(年表)オルバースの逆理10月11日シャーリエパラジウムベッセル宇宙論ケレス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android