コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレーシャ オレーシャOlesha, Yurii Karlovich

5件 の用語解説(オレーシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレーシャ
オレーシャ
Olesha, Yurii Karlovich

[生]1899.3.3. キロボグラード
[没]1960.5.10. モスクワ
ソ連の作家。 V.カターエフ,E.バグリツキーらとともに「オデッサグループ」の一員として登場した知識階級出身の作家。ソ連旧世界の個人主義的感情と新世界の「感情革命」の対立をテーマとする『羨望』 Zavist' (1927) ,大胆な実験的手法でデフォルメされた世界の展開と現実との間に揺れ動く人間感情を鋭く描いた『恋』 Lyubov' (27) ,またメーテルランクの『青い鳥』と並ぶすぐれた児童文学三人のでぶ』があり,ほかに 20あまりの短編がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オレーシャ

ロシア(ソ連)の作家。オデッサに育つ。1920年代のソ連社会における新旧の対立を扱った《羨望》(1927年)で国際的に知られる。ほかに児童劇にも脚色された《三人の太っちょ》,晩年のエッセー集《一行たりとて書かざる日なし》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オレーシャ【Yurii Karlovich Olesha】

1899‐1960
ソ連邦の作家。エリザベトグラード(現,キーロボグラード)で,ポーランドの没落貴族を父として生まれる。ロシア革命後,オデッサからモスクワに出て新聞の編集部に勤め,社会戯評を書いたが,作家としての彼の出世作になったのは長編《羨望》(1927)である。以後数年のうちに長編童話《三人の太っちょ》(1928),短編集《恋》(1929),戯曲《善行目録》(1931初演,演出メイエルホリド)などの秀作を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オレーシャ【Yurii Karlovich Olesha】

1899~1960) ソ連の小説家。大胆な比喩を多用した斬新な文体で1920年代の新しいソ連文学の代表者の一人となった。代表作は長編「羨望」「三人のふとっちょ」、短編「恋」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オレーシャ
おれーしゃ
Юрий Карлович Олеша Yuriy Karlovich Olesha
(1899―1960)

旧ソ連で活躍したポーランド人の小説家、劇作家。ウクライナのオデッサに育つ。1920年代ソ連知識人問題を扱った反写実的作風の長編『羨望(せんぼう)』(1927)で一躍名声を得、続いて革命のおとぎ話『三人のでぶ』(1928)を発表。社会主義建設期における新旧世界の相克を描いた『羨望』は、作者自身の脚色で『感情の陰謀』と題されワフタンゴフ劇場で上演。ほかに、実に詩的で特異な文体、反写実手法の名短編『愛』『サクランボの種子』など20編余りを書く。また、映画シナリオ(たとえばドストエフスキーの『白痴』など)も書く。自己の資質と芸術に誠実なあまり、27年以降はほとんど沈黙。30年代粛清リストにあがりながら奇跡的に免れた。残された自伝的メモの膨大なエッセイ『一行とて書かざりし日なし』(1965)は時代の芸術的証言であり、新しい形式のロマンである。[工藤正広]
『木村浩訳「羨望」(『世界文学全集31』所収・1967・集英社) ▽工藤正広訳『愛』(1971・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オレーシャの関連キーワードリジェンダー童謡誌おてんとさんパテルノストロ自然と人生ハーグ平和会議久保天随会津若松(市)緯度変化株式会社極運動

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone