コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロン・スム(英語表記)Olan Süme; Olon Süm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロン・スム
Olan Süme; Olon Süm

中国,内モンゴル自治区にある土城址。「多くの寺」の意。内モンゴル自治区ウラーンチャブ(烏蘭察布)盟,ダルハンモーミンガン(達爾罕茂明安)連合旗 (百霊廟) に近いモンゴル帝国の都市遺跡。元代の浄州天山県で,オングット部族の王の領地の中心地であった。モンテ・コルビーノの建てた東アジア最初のカトリック聖堂もここにあった。 1935年江上波夫らによって発見され,多くの景教の遺物や文書の断片が出土した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オロン・スム
おろんすむ
Olon Sum

(げん)代のオングート部の王府跡。中国、内モンゴル自治区ウランチャブ盟百霊廟(ひゃくれいびょう)の北東にある。東西約960メートル、南北約370メートルの外城の中に内城があり、この両城の内部に中国式宮殿、カトリック教寺院の跡や、十字架の浮彫りのある墓石などが発見された。このカトリック教寺院は、13世紀の末にローマ教皇の使節モンテ・コルビノによって建てられた東アジア最古のものであることが、日本の東亜考古学会および東方文化学院の調査隊(1935年、39年、41年)によって明らかにされた。オロン・スムとは「多くの寺院、教会」を意味する。[護 雅夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android