コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロン・スム オロン・スム Olan Süme; Olon Süm

2件 の用語解説(オロン・スムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロン・スム
オロン・スム
Olan Süme; Olon Süm

中国,内モンゴル自治区にある土城址。「多くの寺」の意。内モンゴル自治区ウラーンチャブ(烏蘭察布)盟,ダルハンモーミンガン(達爾罕茂明安)連合旗 (百霊廟) に近いモンゴル帝国の都市遺跡。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オロン・スム
おろんすむ
Olon Sum

(げん)代のオングート部の王府跡。中国、内モンゴル自治区ウランチャブ盟百霊廟(ひゃくれいびょう)の北東にある。東西約960メートル、南北約370メートルの外城の中に内城があり、この両城の内部に中国式宮殿、カトリック教寺院の跡や、十字架の浮彫りのある墓石などが発見された。このカトリック教寺院は、13世紀の末にローマ教皇の使節モンテ・コルビノによって建てられた東アジア最古のものであることが、日本の東亜考古学会および東方文化学院の調査隊(1935年、39年、41年)によって明らかにされた。オロン・スムとは「多くの寺院、教会」を意味する。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オロン・スムの関連キーワード内蒙古自治区帰綏寧夏回族自治区内モンゴル自治区綏遠海拉爾包頭ザナドゥー蒙疆甘粛[省]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone