オーストリア音楽(読み)オーストリアおんがく

世界大百科事典 第2版の解説

オーストリアおんがく【オーストリア音楽】

広い意味でドイツ文化というときにはオーストリア文化もその中に含まれる。その際とくに音楽についていえば,オーストリアの果たした役割は非常に大きいものがあった。ハイドン,モーツァルト,ベートーベンの3巨匠が代表するウィーン古典派の音楽,またシューベルトや,ヨハン・シュトラウス父子を生んだ音楽の都ウィーン。これらの名前からしてもオーストリア音楽の重要さは明らかだろう。ドイツと区別していうオーストリアは,地理的には現在の共和国の位置が示すように,北に対して南,西(ラインラント)に対して東の要素を強調し,南はイタリア,東はハンガリーチェコスロバキアをはじめとする東欧と接することから豊かな文化交流の場所となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オーストリア音楽の関連情報