コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーツ オーツ Oates, Joyce Carol

6件 の用語解説(オーツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーツ
オーツ
Oates, Joyce Carol

[生]1938.6.16. ニューヨーク,ロックポート
アメリカ女流作家,詩人。シラキューズ,ウィスコンシンライスの各大学で学び,在学中から種々の雑誌にすぐれた短編を発表。 1967年からカナダウィンザー大学でイギリス文学を講じる。作品数は多く,作者の生れた 30年代の大不況時代から現在までのアメリカ社会を題材に,自然主義的な精緻な描写によって,愛や暴力の世界を描くことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オーツ
オーツ
Oates, Titus

[生]1649.9.15. ラトランド,オークハム
[没]1705.7.12. ロンドン
イギリスの聖職者,教皇派陰謀事件の捏造者。数種の団体や聖職を追放されたのち,1678年教皇派陰謀事件をでっちあげ,一時は救国者ともてはやされたが,85年これが捏造であることが判明し,投獄された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オーツ(oats)

燕麦(えんばく)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オーツ

米国の女性作家。大学生時代から短編小説を書き始め,1963年のデビュー以来精力的な創作活動を続ける。平凡な日常生活を送る人々が,内面に潜むグロテスクなまでの暴力性をさらけだす様を,作者の故郷を思わせる小都市を背景に描き出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オーツ【Joyce Carol Oates】

1938‐
アメリカの女流小説家,詩人。ニューヨーク州ロックポート生れ。シラキュース大学からウィスコンシン大学に進み修士号を取得後,デトロイト大学,カナダのウィンザー大学で教え,プリンストン大学教授。処女短編集《北門にて》(1963)以来,精力的に作品を発表しつづけ,現代アメリカでもっとも多作な作家といわれる。リアリズムの手法で日常生活の中の暴力や殺人を扱い,人間性にひそむ残忍さや現代社会の歪みを描いた作品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーツ
おーつ
Joyce Carol Oates
(1938― )

アメリカの女性作家。ニューヨーク州ロックポートに生まれる。1960年に同州のシラキュース大学を卒業。61年ウィスコンシン大学でイギリス文学修士号を取得。63年、最初の短編集『北門のかたえで』を発表、まさに彗星(すいせい)のごとく60年代の文壇に登場。カナダのウィンザー大学でイギリス文学の教師を務めるかたわら、現代作家のなかでももっとも多作家とよばれるほど精力的に作品を発表している。その作品の特質は、代表作の長編『かれら』(1969)にうかがえるように、平凡な日常生活を送る人間の内面に潜む異常にグロテスクなもの、ゆがんだ残忍さ、暴力性などを、自然主義的な手法で文学的現実に移しかえようとすることにある。ほかに『贅沢(ぜいたく)な人びと』(1968)、『ワンダーランド』(1971)、『私をお好きなように』(1973)、『暗殺者たち』(1975)、『チャイルドワルド』(1976)、『朝の子』(1978)、『ブラッズムア・ロマンス』(1982)、ケネディ家第三の悲劇を小説化した『ブラックウォーター』(1992)、1950年代のニューヨークを舞台にした勇敢な少女たちの物語『フォックスファイア』(1993)、短編集『愛の車輪』(1971)、『結婚と不倫』(1972)、『ナイトサイド』(1977)、『心を集める者』(1998)、詩集に『不明の罪』(1969)、『天使の炎』(1973)、『タイムトラベラー』(1989)、『テンダーネス』(1996)、エッセイに、D・H・ロレンスを論じた『敵意ある太陽』(1973)、野蛮で孤独な闘いに賭ける男たちへのオマージュ『オン・ボクシング』(1987)などがある。[筒井正明]
『村上博基訳『愛の車輪』(1972・角川書店) ▽大橋吉之輔・真野明裕訳『かれら』(1973・角川書店) ▽古沢安二郎訳『贅沢な人びと』(1978・早川書房)  ▽植村洋・山口哲生訳『J・C・オーツ作品集 サンデー・ディナー』(1982・弓書房、鷹書房発売) ▽北代美和子訳『オン・ボクシング』(1988・中央公論社) ▽中村一夫訳『オーツ短編集』(1988・成美堂) ▽橋本宏訳『オーツ秀作短篇集』(1991・三修社) ▽中野恵津子訳『ブラックウォーター』(1992) ▽中村一夫訳『エデン郡物語――ジョイス・キャロル・オーツ初期短編選集』(1994・文化書房博文社) ▽別府恵子編『ジョイス・キャロル・オーツ作品選集』全12冊(1998・臨川書店) ▽井伊順彦訳『フォックスファイア』(2002・DHC) ▽杉田豊子著『J・C・オーツの小説考』(1985・リーベル出版) ▽キャロリン・アンソニー著、松岡和子・前沢浩子訳『ファミリー・ポートレイト――記憶の扉を開く一枚の写真』(1994・早川書房) ▽鈴江璋子著『アメリカ女性作家論』(1995・研究社出版) ▽宮内敦夫著『小説の語法と文体――J・ロンドン、C・オーツ、W・ゴールディング』(1996・文化書房博文社) ▽岩田強著『オーツ「大陸の果て」を読む』(1996・大阪教育図書) ▽早瀬博範著『アメリカ文学と狂気』(2000・英宝社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーツの関連キーワードブロンテニューヨークシティハーフマラソンニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパカズヨナカノニューヨーク

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーツの関連情報